編集部こぼれ話

2013年06月25日

方言を話す企業家はいない?

 

 

   雑誌や新聞の対談が全て標準語であることに違和感を感じたことがおありだろうか。実際の対談やインタビューがハキハキとした大阪弁や味のある東北弁であっても、印刷物では全て標準語で会話が進んでいく。場合によっては言葉の意味が伝わりにくかったり、そもそもイントネーションは文章では表現不可能であるからだ。企業家倶楽部のようなビジネス誌ではとりわけ、標準語で表現した方が企業家の真意が伝わりやすいことが多い。

   もし、方言で書き表されていることがあれば、それは記者が熟考の末、人物やその時の空気感を伝えたくてあえて残したと言える。それも記者の醍醐味なのだ。

   豊かな方言を堪能したい方は、テレビ番組「今、最も日本を面白くする企業家たち」をご覧いただきたい。



コメントをシェア

編集部こぼれ話

 2019年08月12日 15:30

AI×@@ 無限の可能性

 2019年08月11日 15:30

空飛ぶ車

 2019年08月09日 15:30

宇宙を普通の場所に

 2019年08月08日 15:30

彼らに見えるAIの明るい未来

 2019年08月07日 15:30

後悔が減ること

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top