編集部こぼれ話

2014年08月29日

名古屋の熱い夏

 

 

   名古屋の夏は暑かった。特集取材で「ものづくり」のメッカ、愛知県を訪ねた。会見ギリギリに飛び込んだ河村たかし名古屋市長の事務所は詰めかけた記者のせいで外より室温が高かった。

   2000坪の敷地にある商品センターには理路整然と売り物の書籍やDVD、ゲームが棚に陳列されており、まるで図書館のようだが、違うのはクーラーがないことだ。しかし、ここが日本のアマゾンと言われるネットオフの心臓部なのだ。

   什器には番号が振られ、掃除は行き届いている。ボードには数字が並び、多くの指標で管理されているのが分かる。黒田社長が14 年掛けて創り上げた汗と涙の結晶と言えよう。温厚な性格という印象の黒田社長だが、これまでの起業ストーリーを聞くと、粘り強い情熱の企業家だと分かる。

   そういえば、第16 回企業家賞の受賞者、エイチーム林社長とボヤージュグループ宇佐美社長も中部出身だ。名古屋が熱いと感じた今年の夏だった。次はどこへ行こうか。



コメントをシェア

編集部こぼれ話

 2019年04月26日 10:30

企画書作り専用室

 2019年04月23日 10:30

「当たり前」に切り込む

 2019年04月19日 10:30

ロボットとの共存

 2019年04月18日 10:30

犬の思い出

 2019年03月22日 10:30

火花と熱量

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top