編集部こぼれ話

2015年03月19日

若者のちから

 

 

「今がよければそれでいい」。これが日本の若者の本音だ。

 生まれた時にバブルがはじけ、大震災を2回経験し、不幸だと言われてしまう若者たち。明日が平和にやってくるとは素直に思えない。

 しかし、未来ばかりに夢を抱かず、今を大切にする生き方も必要だ。目の前で起こっていることに真正面から立ち向かう若者の静かな強さに、新しい日本が垣間見える。

コメントをシェア

編集部こぼれ話

 2019年04月19日 10:30

ロボットとの共存

 2019年04月18日 10:30

犬の思い出

 2019年03月22日 10:30

火花と熱量

 2019年03月08日 10:30

地に足のついた

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top