編集部こぼれ話

2015年11月24日

魔法のインク?

 

 

  今回取材したAgIC はインクを使って紙に電子回路を描くことができる技術を生み出した。

  このインクを用いたペンは最近学校や学習塾など教育機関でも実験の現場で使われるようになったという。

 このような最新のテクノロジーで学んだ子ども達が10~20 年後の時代を創っていくのだ。

  iPadがあって当たり前、スマートフォンが当たりまえの環境で育ってきた彼らに負けないよう、我々も常日頃から最新の技術に触れ、考える機会を多く持つことが必要なのではと感じた。  

AgIC株式会社の記事はこちら 



コメントをシェア

編集部こぼれ話

 2019年05月20日 10:30

描き続けるのは「人」

 2019年05月13日 10:30

平成最後の企業家倶楽部です

 2019年05月11日 11:00

社員に与えられる最大のもの

 2019年05月10日 11:00

チャットボット

 2019年05月10日 10:30

刺激的

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top