編集部こぼれ話

2016年10月18日

事業を通じて

  

 

  名古屋木材の丹羽社長と兼松の下嶋社長のお話を伺うことができた。

 おふた方とも業種は異なれど、小林会長を思う心意気を通じて大きな器のお人柄を感じられた。

 優れた経営者は、言葉で多くを語り合わなくとも、事業を通してここまで互いを分かり合えるものなのかと感じ入った。   



コメントをシェア

編集部こぼれ話

 2019年09月09日 11:30

人の気持ちを理解する

 2019年09月06日 11:30

お客様視点

 2019年09月05日 11:30

副編集長より

 2019年08月30日 11:30

2019年10月号編集長より

 2019年08月12日 15:30

AI×@@ 無限の可能性

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top