編集部こぼれ話

2016年11月04日

企業家倶楽部2016年12月号 編集長より

  

 

 園児たちの学習発表会での一コマ。年長の女の子(6歳)が全身から絞り出すような大声で両親に感謝の気持ちを述べる。

「お母さんはいつも朝早くから仕事に行きます。疲れて帰ってきても私たちに優しくしてくれます。私も大きくなったら看護師になります」。

 自然と編集部全員の目頭が熱くなった。「国作りは親孝行から」、幼児活動研究会山下社長の言葉が印象に残った。

 ボヤージュグループ宇佐美社長の「経営道場」は幹部社員への期待を言語化したもの。骨太で読み応えがある。

 今号から、現代アーティスト小松美羽さんのコラムが登場。「アートは言葉である」、響きが気に入り、タイトルにした。この機会に世界に通用するアーティストの死生観に触れて欲しい。 



コメントをシェア

編集部こぼれ話

 2019年08月12日 15:30

AI×@@ 無限の可能性

 2019年08月11日 15:30

空飛ぶ車

 2019年08月09日 15:30

宇宙を普通の場所に

 2019年08月08日 15:30

彼らに見えるAIの明るい未来

 2019年08月07日 15:30

後悔が減ること

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top