編集部こぼれ話

2017年02月16日

掛け算の経営

  

 

 藤波タオルサービスから社名変更をしたFSX の藤波克之社長にお話を伺った。

 社名は社員だけでなく多くのお客が触れるもの。そこには創業者である父への想いや、新規事業への意気込みなど様々な思いが込められていた。同社は家業であるレンタルおしぼり業に、独自の技術を掛け合わせることで、潜在需要を獲得してきた。

 「掛け算の経営」が得意と語る藤波社長が生み出すイノベーションが楽しみだ。    



コメントをシェア

編集部こぼれ話

 2019年10月18日 16:00

技術がどんなに進歩しても

 2019年10月18日 11:30

先端技術の行き着く先

 2019年09月09日 11:30

人の気持ちを理解する

 2019年09月06日 11:30

お客様視点

 2019年09月05日 11:30

副編集長より

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top