編集部こぼれ話

2017年05月12日

メディアドゥの大局観

  

 

 読書は民度向上のために重要な役割を果たしている。ゆえに著作物のレベルを高め、人類の文化の発展に寄与する。

 様々な挑戦を続けるメディアドゥの施策は、全てこの価値観に裏打ちされている。同社ほど作家、出版社、書店、読者のことを総じて親身に考える取次が今まで存在しただろうか。その大局観には脱帽するしかない。

 最近は本を読まない人が増えたと言うが、彼らなら電子化を通して、その流れを覆せるのではないかと期待に胸が膨らむ。

 私も読書家の端くれ、また書き手の一人として、今後とも彼らのチャレンジを応援していきたい。 



コメントをシェア

編集部こぼれ話

 2019年04月26日 10:30

企画書作り専用室

 2019年04月23日 10:30

「当たり前」に切り込む

 2019年04月19日 10:30

ロボットとの共存

 2019年04月18日 10:30

犬の思い出

 2019年03月22日 10:30

火花と熱量

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top