編集部こぼれ話

2018年02月27日

2018年4月号編集長より

  

 

 企業家賞が節目の20周年を迎えました。皆様の温かいご支援を頂き心より感謝致します。

 20年前、私は英国に居ました。ヨーロッパやアラブ、アジアの人々と触れ合い、多様性の重要さを知りました。そして、海外に出ると「日本はどう?」「日本人はどう考える?」と矢継ぎ早に質問を受け、いつの間にか日本代表になっている自分がいました。客観的な意見と主観を分けなければいけませんし、何より日本という国を知らなければ何も語ることが出来ません。自らのアイデンティティー(存在理由)の重要さを実感しました。

 企業にも同じことが言えます。各企業のカラーがあるように、企業文化が違います。個性は素晴らしいことです。企業家賞は、キラリと輝く個性に与えられる称号ではないでしょうか。



コメントをシェア

編集部こぼれ話

 2019年08月12日 15:30

AI×@@ 無限の可能性

 2019年08月11日 15:30

空飛ぶ車

 2019年08月09日 15:30

宇宙を普通の場所に

 2019年08月08日 15:30

彼らに見えるAIの明るい未来

 2019年08月07日 15:30

後悔が減ること

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top