編集部こぼれ話

2018年05月10日

企業家賞へのエスコート役が孫社長

  

 

 初めて企業家賞運営に携わったのは第10回2008 年7月11日。大賞のアリババ・グループのジャック・マーCEOを授賞式会場にお連れ下さったのはソフトバンクの孫正義社長であった。

 折りしもiPhone が日本に初上陸し販売をスタートした日で、販売スタッフと同じグレーのポロシャツ姿の孫社長に驚いたことを懐かしく思い出す。

 例年、受賞者の控室は審査委員を筆頭に新たなビジネスを生み育て、経済をリードしている豪華な顔ぶれが揃う。授賞式の合間の短い時間ではあるが、談笑の中で新たなビジネスのきっかけが生まれることもあったに違いない。

 受賞当時から飛躍的に成長した企業も多い。今後、どんな企業家が受賞していくのか楽しみだ。 



コメントをシェア

編集部こぼれ話

 2019年09月09日 11:30

人の気持ちを理解する

 2019年09月06日 11:30

お客様視点

 2019年09月05日 11:30

副編集長より

 2019年08月30日 11:30

2019年10月号編集長より

 2019年08月12日 15:30

AI×@@ 無限の可能性

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top