• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -ビッグベンチャー

2013年09月09日

柿安本店『アラスカシーフードフェア』を開催

天然素材にこだわった料理を提供





 柿安本店は、9月10日(火)から10月1日(火)まで、惣菜、レストラン、精肉の約120店舗で『アラスカシーフードフェア』を開催する。

 本フェア開催にあたり、天然のキングサーモンやズワイガニといったアラスカシーフードを使用した新メニューを開発。「銀ダラと海老とイカのエスニック風サラダ」(税込み378円)や「和の香り葱味噌鮭ロール」(税込み189円)、「カリカリアーモンドの鮭南蛮タルタルソース」(税込み420円)などの10品目と、ソムリエの田崎真也氏監修のもと、ワインに合うメニューとして「ズワイ蟹のサラダパスタ 濃厚クリーミーソース」(税込み599円)と、「銀ダラのさっぱりエスカベッシュ風」(税込み588円)、「天然キングサーモンのあじわいハーブマリネ」(税込み1575円)の3品目を提供する。

 社長の赤塚保正氏は、「多くのお客様からシーフードを取り扱ってほしいというご意見をいただき、本物のシーフードを探したところ、アラスカシーフードにたどり着いた。柿安には、創業以来140年で培った、良い素材を見極める力と、シェフの高い技術がある。天然の素材にこだわって提供したい」と挨拶した。

 また、9月9日には、アラスカシーフードマーケティング協会親善大使である田崎氏による、トークショーとアラスカ天然100パーセントのキングサーモンを使った料理が楽しめるセミナー「アラスカの夕べ 極上キングサーモンと北米ワインのマリアージュ」、9月19日には、柴吹淳氏によるトークディナーショー「美しさの秘訣 アラスカシーフードを愉しみながら」が企画されている。

 記者会見には田崎氏も出席し、「日本で天然の素晴らしいアラスカシーフードが食べられるということだけでなく、アラスカの海洋資源保護活動を日本に広めたい」と語った。



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top