• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -ビッグベンチャー

2013年10月03日

ファーストリテイリング、障がい者雇用・活動支援奨励賞「ディサビリティ・マターズ」で従業員賞を受賞


 ユニクロなどを展開するファーストリテイリングは、米国スプリングボード・コンサルティング主催の、障がい者雇用・活動支援奨励賞「ディサビリティ・マターズ」の従業員賞(WorkforceAward)を受賞した。

 スプリングボード社は障がい者雇用の促進を図るコンサルティング会社で、2007年より障がい者の雇用・活用に積極的な米国内企業の表彰を始めた。12年ヨーロッパ域内の企業、13年よりアジア太平洋地域に拠点を置く企業の表彰もスタート。日本企業ではファーストリテイリングが初となる。今年の受賞企業には、アクサ生命保険やゴールドマン・サックスなども名を連ねている。

 ファーストリテイリングは01年から「1店舗1人以上」を目標に障がい者雇用に取り組んでいる。具体的な数字を掲げて障がい者雇用に取り組む姿勢が評価され、今回の受賞につながった。

 同社は日本国内でも、05年~12年の8年連続で障がい者雇用率日本一(従業員数1万人以上の企業)である。12年度、新たに136名の障がい者を採用。障がい者雇用率は13年6月現在6.64%で、法定雇用率の2.0%を上回っている。

 同社代表の柳井正氏は以下のコメントを発表した。「このような賞をいただき、大変光栄に思っております。障がいのある方とコミュニケーションを取りながら、チームで助け合って仕事をすることは、世界中のさまざまな人々と共に働くグローバル企業を目指すわが社にとって欠かすことのできない、非常に重要なことだと考えております。今後も障がいのある方々の積極的な雇用・活用を通じて、あらゆる人々の暮らしの充実に貢献し、社会との調和ある発展を目指していきます」。



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top