• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -ビッグベンチャー

2013年12月16日

ソフトバンク、イオン、ヤフーと連携して新サービス

20日オープンの「イオンモール幕張新都心」にて





   ソフトバンクは、20日にオープンする「イオンモール幕張新都心」でヤフーと連携した情報通信技術の提供を開始する。




   多くのヤフーサービス利用者に、イオン店舗内のクーポン発行機「ハッピーゲート」でしか発行できない専用クーポンを付与する「ウルトラ集客」で、ネットと実在の店舗との連携を図っていく構えだ。


   すでに展開中のクレジットカードサービス、WAONカードと連動した「WAONアプリ」では、年齢、地域情報ごとのクーポン情報を配信することで、より顧客にマッチした情報提供が可能となる。

   16日の内覧会では、同施策によって実際に店舗に訪れたお客が買い物を楽しめるよう、今回の開店に合わせてバージョンアップされたイオンアプリと連動した様々な機能が披露された。


   タブレット端末を利用した接客サービス「タッチ・ゲット」は、館内に完備されたソフトバンクのWi-Fi環境のもと、在庫の有無を問わず商品情報を見ることができ、気に入ったらその場で注文も可能だ。今回展開するのは、キッズ・ベビー用品、ワイン、インテリアの3部門。こだわりの強い商品選びに長期的なスパンで関われるアドバイザーとしての地位確立を図る。バイヤーのおすすめ情報やランキングを踏まえ、初心者からコアな層まで幅広い買い物をリードする。




   今回の開店に合わせて追加されたイオンアプリの様々な新機能も注目だ。「撮って!インフォ」の機能を使えば、アプリを起動して店内POPを撮影するだけで、商品のレシピや詳細情報を閲覧できる。自動販売機でのクーポン情報読み取りにも利用可能だ。その他、店内モニターの音楽を拾い手持ちのスマホと映像を連動させる広告「サウンドキャッチ」など、数多くの次世代のショッピングスタイルを打ち出していく。

コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top