トピックス -ビッグベンチャー

2014年06月27日

日本ペイパル、モバイル決済ソリューションをコーヒー通販大手ブルックスの直営店舗に導入

「クラウドPOS」と併用し、利便性の高い販売管理を実現

日本ペイパル、モバイル決済ソリューションをコーヒー通販大手ブルックスの直営店舗に導入

   世界193カ国で決済サービスを提供する日本ペイパルは26日、コーヒー通販大手のブルックスが28日にオープンするコンセプトショップ「BROOK’S CAFÉ原宿店」にモバイル決済ソリューション「PayPal Here」を導入すると発表した。

「PayPal Here」は、スマートフォンやタブレット端末に専用のカードリーダーを差すだけで、手軽にクレジットカード支払いができるサービスだ。いつでもどこでも決済が可能なため、中小規模の店舗事業者や移動販売事業者などに活用されている。

「PayPal Here」では、「ペイパル チェックイン支払い」をすることも可能だ。来店前に氏名と顔写真を店舗側に通知し、会計時に「ペイパルで支払います」と伝える。お店ではペイパルアカウントにログインするだけで、現金やクレジットカードを取り出すことなく、ショッピングが出来る。

   また、「PayPal Here」と同時に導入する「クラウドPOS」はソフトバンクテレコムが提供しており、従来のPOSレジ専用機器と比べ、安価で高機能なPOSシステムを実現している。「クラウドPOS」は「PayPal Here」と連携し、販売実績の管理を行う。

  ブルックスは「Pay Pal Here」の導入により、買い手に多彩な支払い方法を提供する。出店場所である原宿を意識して、特に若者層や海外からの旅行客を取り込む狙いだ。



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top