トピックス -ビッグベンチャー

2014年07月09日

ソフトバンク、国内事業者初、台湾でLTE国際ローミングを提供開始

イタリア、バチカンでも提供、18の国・地域で利用可能に

 

 ソフトバンクは9日、海外で高速通信サービスが利用可能なLTE国際ローミングの対象エリアを、10日より台湾、11日よりイタリア、バチカンに拡大すると発表した。台湾でのLTE国際ローミングの提供は国内携帯電話事業者初。

 今回提供を開始する台湾、イタリア、バチカンの携帯電話事業者では、同サービスに加え、通信料を気にせずパケット通信ができる海外向けパケット定額サービス「海外パケットし放題」が利用可能。

 さらに同社は10日から、中国の携帯電話事業者チャイナモバイルの8億人近い利用者向けにLTE高速通信を提供開始する。これによりチャイナモバイルの利用者は、来日する時に対応機種でLTE高速通信が利用できるようになる。

 



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top