トピックス -ビッグベンチャー

2014年07月11日

ソフトバンクテレコムとオプト、合併会社を設立

デジタルマーケティングで協力

 

   ソフトバンクテレコムとオプトは11日、デジタルマーケティングに強みを持つ新会社ジェネレイトを設立したと発表した。同社は企業向けにインターネット等多様化するメディアを活用した販売促進やマーケティングを提案する。

   ソフトバンクテレコムはインターネットポータルサイト「Yahoo!JAPAN」(以下「ヤフー」)上の広告から実店舗への誘導を促進する「ウルトラ集客」の提供を始めるなど、企業があらゆる媒体で商品を販売するオムニチャネル化施策の一翼を担っている。また、オプトは「ADPLAN(アドプラン)」や「Retailigence(リテーリジェンス)」などデジタルマーケティングに関連する最新のサービスを提供している。


   ジェネレイトではヤフーや実店舗でのビッグデータを活用し、マーケティング活動のための媒体や販売促進施策などを統合的に提案できる。また、今後は外部パートナーとの連携し利用者の戦略策定からビジネス開発まで携わり、更なる市場拡大を狙う見込みだ。



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top