トピックス -ビッグベンチャー

2014年07月15日

企業家ネットワーク、第16回企業家賞授賞式を開催

企業家6名が受賞者として登壇

 


 


 企業家ネットワークが主催する「年間優秀企業家賞」の授賞式が14日、都内のロイヤルパークホテルで開催、約410名が詰め掛けた。

第16回となる今回は企業家大賞にジャパネットたかたの髙田明社長が選ばれた。髙田社長は第9回で企業家賞を受賞している。企業家賞にデジタルデバッグのハーツユナイテッドグループの宮澤栄一社長、ゲームとライフスタイルサポートのエイチーム林高生社長、九州地区で抜群の顧客満足度を誇るホームセンター、ハンズマンの大薗誠司社長の3名、ベンチャー賞に定食屋をグローバル展開する大戸屋の三森久実会長、チャレンジャー賞にインターネット事業のボヤージュグループ、宇佐美進典CEOが選出された。





授賞式では髙田社長、宮澤社長がそれぞれ講演をしたほか、大薗社長ら4人の企業家が経営などについて語るシンポジウムも行われ、会場を湧かせた。審査委員長を務めるエイチ・アイ・エスの澤田秀雄会長は、「今回の受賞に満足することなく、企業家賞を受賞した人は大賞を目指し、大賞を受賞した人は世界企業を目指して欲しい」と講評を述べた。




閉会後には主催の企業家ネットワーク創立20周年記念も兼ねた記念パーティーを開き、受賞者や審査委員、歴代の受賞者ら、企業家ネットワーク会員らが多数出席し、盛大な会となった。

なお、第16回企業家賞の模様は同日夜、テレビ東京系報道番組「ワールドビジネスサテライト」、15日には日本経済新聞朝刊で報道された。また、同イベントは経営誌『企業家倶楽部』2014年10月号(8月27日発売予定)で特集され、BS12TwellVのテレビ番組「今、日本を最も面白くする企業家たち」9月分で放送予定となっている。



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top