トピックス -ビッグベンチャー

2014年07月17日

ワイモバイル、月額2980円の新プランを発表

追加料金月額1000円で国内通話も完全定額に

 

ワイモバイルは17日、都内で新サービス・新商品発表会を行った。
 


   新料金体系として、スマートフォン向けにS、M、Lという3つのプランを用意。それぞれ1ヶ月あたりに可能な国内データ通信量が1GB、3GB、7GBまでとなっており、価格は月額2980円、3980円、5980円(いずれも税別)で8月1日より提供開始する。なお、このプラン内では1回あたり10分以内の国内通話が月300回まで無料となる。

   また、オプションとして「スーパーだれとでも定額」に加入すれば、月額1000円の追加料金で国内通話も完全定額となる。これにより、既存の携帯電話通信各社からの転入を狙う構えだ。




 商品としては、PHS、ポケットWiFi、スマートフォンを新たに発表。この他、ヤフーのサービスを使えば使うほどパケットが貯まるマイレージ制度や、30GBまで写真などのデータを保存可能なクラウドといった、ヤフーと連携したサービスも展開していくという。

   エリック・ガン社長兼CEOは「日本のスマホ保有率は約50%と世界でも低い水準にある。もっと多くの方にスマホを使っていただきたい」と語った。また、近年注目が高まっている「格安スマホ」について問われ、「私たちのサービスに速度制限は無いし、最適価格を追求している点が差別化となる」と述べた。



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top