トピックス -ビッグベンチャー

2015年02月19日

フリービット、CCCとトーンモバイル設立

スマホキャリア事業を移管


   フリービットは19日、連結子会社のフリービットモバイルにスマートフォンキャリア事業を3月1日付けで移管すると発表した。同日、フリービットモバイルはトーンモバイルに商号変更され、代表取締役社長にフリービットの石田宏樹会長が就任。なおトーンモバイルは、TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下CCC)及びCCCモバイルとの合弁会社として設立される。





    トーンモバイルは、全国1447店舗を有するCCCの販売力や企画力と、35件の特許を取得しているフリービットの技術力が組み合わされている。CCCの増田宗昭社長は、「コンテンツでライフスタイルを変えてきたが、これからはスマホが鍵を握ると考えていた折に石田会長と出会った。一緒に世の中を変えたい」と語った。

   フリービットはフランチャイズ展開や端末販売を行う権利をCCCグループに譲渡。CCCモバイルが「freebit mobile」の販売代理店を展開していく。この業務提携により、フリービットは目標とする100万ユーザー達成を目指す。合弁会社の出資比率はCCCが51%、フリービットが49%。これについて石田会長は「まずはCCCに引っ張ってもらう形ですが、すでに合宿などで商品やサービスについて意見を戦わせるなど、良い関係です」とコメントした。

WBC製作「今、最も日本を面白くする企業家たち」では2015年1月にフリービット特集を放送。

以下よりご覧いただけます。

前編

後編



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top