• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -ビッグベンチャー

2015年04月10日

ファストリ、最高益を達成

柳井会長「新しい産業」をつくる!ファーストリテイリング絶好調





   ファーストリテイリングは9日、2015年2月中間連結決算を発表。海外事業が好調で、売上高、営業利益共に中間期としてはこれまでで最高益を達成。売上高は前年同期比24.2%増の9,496億円、営業利益は40.2%増の1.500億円を達成。中国、香港、台湾、韓国のユニクロ事業が拡大、海外のユニクロ事業は48.9%増の3,455億円となった。2015年8月期通期では予想を上方修正、売上高1兆 6,500億円、前期比19.3%増、営業利益は2,000億円、同53.4%増になる見込み。

   柳井会長兼社長は売上5兆円、営業利益1兆円、世界No.1ブランドになるという目標の中で、3年後は売上2.5兆円を目指すと語った。そして国内で、消費増税後も好調を維持している理由としては、「まじめに服作りをしてきたことに尽きる。日本の消費者は世界一品質にうるさいし、美意識も高い。節約志向は高いが、中でも当社の商品を選んでもらえていることが勝因」と語った。




   今後の成長戦略については、個店経営に転換、経営者マインドを持った全社員が地域密着型の店舗経営を実践。世界最高水準のサプライチェーンを構築、進化させ、今までのアパレル・ファッション産業、小売とは全く違う「新しい産業」をつくると意欲を語った。

   グローバルワンを目指す柳井氏にとって、ZARAを展開するスペインのインディテックス、スウェーデンのH&Mに数値はまだ届かないが、その高い志と執念、チャレンジ精神は誰にも負けることがないと思わせる会見であった。



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top