トピックス -ビッグベンチャー

2015年04月20日

柿安本店、2015年2月期の決算を発表

売上高、過去最高の約435億円


   精肉や惣菜事業を展開する柿安本店は20日、2015年2月期の決算を発表した。売上高は前年比2.2%増の434億7300万円、純利益は前年比15%増の13億1200万円を達成。売上高、純利益共に過去最高となった。






   2016年度も最高益を狙う赤塚保正社長は「課題となるのは和菓子事業のさらなる進化と惣菜事業の活性化だ」と意気込んだ。和菓子事業については、「完熟バナナ大福」などの新商品を投入し、夏商戦に備える。




また、20~30代で構成される若い人材をミラノ万博に送り込む他、「社長塾」による幹部教育、次世代リーダーの育成にも力を入れる。これについて赤塚社長は「10年後の柿安を担う人材を育てたい」と語った。

コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top