トピックス -ビッグベンチャー

2015年04月30日

ソフトバンク、アメリカズカップに挑戦を表明

国際的ヨットレース 日本チームの参加は15年ぶり


   ソフトバンクは30日、関西ヨットクラブとともに、2017年に開催される「アメリカズカップ」に挑戦すると発表した。チーム名は「ソフトバンク・チーム・ジャパン」。

   同大会は1851年より現在まで続く伝統ある国際的ヨットレース。ヨットの設計に巨費が掛かるとして、日本チームは00年を最後に不参加であった。

   今回は、15年より開催される「アメリカズ・カップ・ワールド・シリーズ」に出場し、17年の決勝大会を目指す。本大会より競技用ヨットの規格が統一され、費用が大幅に低くなったこともあり、15年ぶりに参加に踏み切った。




   同社は関西ヨットクラブのトップを目指す姿勢に共感し、スポンサーとして支援する。チームは今年6月から、大会の行われるバミューダでのトレーニングを開始する予定だ。チーム総監督を務める早福和彦氏(上写真、右から2番目)は「世界最強のチームを結成し、No.1を目指す」と意気込みを語った。

   また、同社の孫正義社長も「世界一を目指すソフトバンクグループの姿勢とも重なる大きなチャレンジだ」とコメントを発表している。

コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top