• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -ビッグベンチャー

2015年08月25日

ソフトバンクなど、慶応義塾大学と共同で機械学習による医療の研究開発開始

精神科領域で


   25日、ソフトバンクは日本マイクロソフトなどと共同で、慶應義塾と協力し、マイクロソフトの機械学習を活用した診療支援プロジェクトを2015年10月に開始すると発表した。

   これは、日本医療研究開発機構(AMED)の「ICTを活用した診療支援技術研究開発プロジェクト」で、精神科領域における患者の重症度評価に関するもの。当プロジェクトは他にUBIC MEDICAL、アドバンスト・メディア、システムフレンド、セムコ・テクノが委託先として採択された。

   慶應義塾大学医学部の岸本泰士郎講師の研究チームは、症状の定量化を目指して、表情・瞬目モニタリングによる客観的うつ病・躁うつ病症状の評価研究を行ってきた。

   このプロジェクトではさらに発展させ、診療時における表情・音声・体動などのデータを日本マイクロソフトのMicrosoft Azure Machine Learning(機械学習)を用いて、各疾患の従来の評価尺度とたがわない最適なアルゴリズムを探索、構築するという。

   客観的評価尺度が実現すれば、経験や感覚に頼っていた重症度や治療効果の判断や治療選択が科学的根拠に基づくものとなり、治験の失敗を防ぐことにつながると期待される。



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top