• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -ビッグベンチャー

2015年12月10日

セコム、ドローンを使った防犯サービスを提供

12月11日から順次開始


   セコムは11日から、世界初民間防犯用の自律型小型飛行監視ロボット「セコムドローン」のサービス提供を開始する。




(写真)ドローンを手にするセコム 伊藤博社長



 監視カメラとLEDライトを搭載したドローンは、レーザーセンサーとGPSから得たデータをもとに敷地内を自律飛行。侵入異常発生時の不審者・車両の撮影や、定期的な巡回監視を行う。

 ドローン導入により、従来のオンライン・セキュリティシステムや監視カメラと比べ、より近距離から鮮明な画像・動画の撮影が可能になる。夜間や雨天時の撮影にも対応。ドローンが撮ったライブ映像はセコムのコントロールセンターや施設警備室などに送られ、異常が起きた際はすぐに対応がなされる仕組みだ。




(写真左下)「セコムドローン」から送られるライブ映像



 10日施行された改正航空法によれば、ドローンを運用する際は物件毎に国土交通省の承認が必要。11日から運用開始するのは第1号で、今後の目標としては年間100台ペースで導入施設を増やしていくという。

   価格は月額5000円(税抜)から。その他に工事費として1台あたり80万円(税抜)がかかる。
(2015年12月10日現在)



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top