トピックス -ビッグベンチャー

2016年05月19日

ソフトバンクグループのサイバー大学、東京大学と共同研究

eラーニングコンテンツ作製


 ソフトバンクグループが運営する通信大学のサイバー大学は18日、東京大学大学総合研究センターと高等教育におけるeラーニング活用に関する共同研究契約を締結した。

   eラーニングとはインターネットを使って行う学習のこと。本研究では、サイバー大学が運用するモバイル学習アプリや授業コンテンツ制作ツールを用いて、東京大学の授業からeラーニングコンテンツを作製し、幅広く社会に発信するための仕組みづくりを行う。その他、東京大学の持つ他大学との連携力を活かし、制作したコンテンツを大学間で共同運用できる環境構築について調査、研究を進める。

   両者の強みが活かされたこの共同開発が、将来的に多くの大学におけるeラーニングの導入を促進し、大学間での教育リユースを共有、多様な学習機会の創出に貢献することが期待できる。



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top