トピックス -企業家倶楽部

2016年05月27日

プラススタイル、新プロジェクトを発表

ソフトバンク運営のIoTプラットフォーム


  ソフトバンクは27日、+style(以下プラススタイル)に6月から掲載する新プロジェクトを発表した。

  プラススタイルはIoT(物のインターネット)製品を世に出したい企業と興味を持つ消費者をつなぐプラットフォーム。機能は①商品企画「プランニング」、②購入希望者を募って資金を調達、商品化し、その意見を集める「クラウドファンディング」、③日本で未発売の商品を購入可能とする「ショッピング」の3つ。

  今回発表のプロジェクトは6つあり、いずれも6月からプラススタイルに掲載される。




nextbit社の携帯端末「Robin」は、使用していないアプリや画像などを端末が自動でクラウドに移行、端末の容量が足りなくなることがない。クラウドに移行されたアプリの表示がカラーからモノクロに変わることで使用者は認識できる。


  他にはハタプロ(日本)の手芸のように自由に加工可能なスマートジュエリー「ルミナスクラフト」、SNPowercom社のカード型位置情報端末「OMNI」、肌のセルフケアデバイス「WAY」、Tektos社の音声で照明を調節出来る「nanoleaf」、3D LEDライト「tittle」。




SNPowercom社肌のセルフケアデバイス「WAY」





Tektos社  3D LEDライト「tittle」

  6月末時点までに行なわれるプロジェクトは終了したものを含め、31を数える。

コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top