トピックス -企業家倶楽部

2016年06月02日

ソフトバンクグループ、アメリカズカップ福岡大会を開催

世界的ヨットレース、アジアで史上初


 ソフトバンクグループは2日、2017年開催の第35回アメリカズカップ予選「ルイ・ヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズ」を福岡市で開催することを発表した。

   アメリカズカップは1851年から続く世界的なヨットレースで、アジアでの開催は史上初。福岡大会は2016年11月18~20日にかけて、同市中央区地行浜で行われる。本予選はこれまでポーツマス(英国)、イエボテリ(スウェーデン)、ハミルトン(英領バミューダ諸島)、マスカット(オマーン)、ニューヨーク(米国)で行われ、6月にシカゴ(米国)、7月にポーツマス(英国)、9月にトゥーロン(フランス)での開催が決定している。福岡大会はこれらに次ぐ9戦目となる。




 ソフトバンクグループの孫正義社長は会見で、「アジアで初めて開催できることに興奮している。福岡は私の故郷でもあるので、感慨も深い。ソフトバンク・チーム・ジャパンには是非とも勝って欲しい」と期待を込め、「11月なので、その頃は福岡ソフトバンクホークスの優勝パレードが行われているだろう」と冗談を飛ばした。

   なお、大会の様子は同社が運営するスポーツの中継サービス「スポナビライブ」で配信予定となっている。



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top