トピックス -企業家倶楽部

2016年06月16日

ソフトバンクグループ、アリババ株売却益2000億~2500億円

 


  ソフトバンクグループは15日、中国の電子取引最大手のアリババの普通株式の一部を売却し、約100億ドルの資金を調達した。これに伴う現時点の売却益は2000~2500億円程度になる見通しだ。

  同社はアリババ株の売却で34億ドル、アリババ株に転換する証券を66億ドルを発行した。今回の売却益は34億ドル分の売却による。また、今回の売却では財務体質の強化が主目的で、調達資金は有利子負債の返済などに充てられる。

  今回の売却によりアリババへの出資比率は約32.2%から約27%に低下するが、引き続きソフトバンクの持ち分法適用会社にとどまるとした。






コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top