トピックス -ビッグベンチャー

2016年07月18日

ソフトバンクグループ、英ARMを買収

約3兆3000億円、IoT時代見据える


 ソフトバンクグループは18日、半導体の設計・開発を手掛ける英ARMホールディングス(以下ARM)を約3兆3000億円で買収すると発表した。

   本買収は金額として同社史上最大であり、日本企業が行った海外企業へのM&Aとしても過去最大規模。ソフトバンクグループは、9月30日までにARMの完全子会社化を完了する予定だ。

   ARMは消費電力を抑えたコンピュータ設計を強みとしており、スマートフォン、デジタルオーディオプレイヤー、携帯ゲーム機を始め、数多くの電子機器に採用されている。ソフトバンクグループは、今後IoT(モノのインターネット)時代が到来することを見据え、「IoTのもたらす重要なチャンスを掴む」(ソフトバンクグループ孫正義社長)べく、今回の投資に踏み切った。

   買収について、アリババグループ創業者でソフトバンクグループ取締役のジャック・マー氏は「ARMはモバイルインターネットとIoTの分野において主要構成要素であり、ソフトバンクグループとのパートナーシップは同社の市場ポジショニングを強化することになる」と述べ、またファーストリテイリング会長兼社長でソフトバンクグループ社外取締役の柳井正氏も「半導体製品はまさに全テクノロジーのコア部分。ARMは、他に比類なきグローバルリーダーであり、ソフトバンクグループは同社の将来の革新へ向けて大きな付加価値を加えることができる」と語った。



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top