トピックス -企業家倶楽部

2016年07月22日

ソフトバンクワールド2016、孫正義社長が登壇

英ARM買収についても言及


 ソフトバンクグループは21、22日、東京・港区のザ・プリンスパークタワー東京でソフトバンクワールド2016を開催した。




 初日の基調講演にはソフトバンクグループ孫正義社長が登壇し、コンピュータの進化を力説。AI(人工知能)、ロボット、IoT(モノのインターネット)の時代に向けて邁進することを改めて語った。

   孫社長は講演で、18日に発表した英半導体設計ARMホールディングス(以下ARM)の買収についても言及。学生時代から半導体へ抱いていた熱い想いを述べた上で、ARMの設計した半導体がいかに多くの端末に使われているか、実例をもって示した。

   ソフトバンクグループはソフトウェア流通、パソコンから接続するインターネット、携帯電話・スマートフォンによるモバイルインターネットと、その業態を大きく変化させてきた。孫社長は「次はIoT時代を見据える」とし、今回のARM買収を囲碁に例えて「素人には理解できない50手先のための一手」とも明かした。

   本イベントではその他にも、各会場で多くの講演やパネルディスカッションが開催。また、自社の人型ロボット「Pepper(ペッパー)」の企業による利用事例などを紹介するペッパーワールド2016も同時に催した。



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top