トピックス -ビッグベンチャー

2016年08月29日

フリービット、ヘルスケア事業に参入

EPARKヘルスケアを子会社化


 通信事業を営むフリービットは26日、EPARKヘルスケアの株式を光通信グループのEPARKから取得したことを発表した。EPARKヘルスケアの子会社化を通じてヘルスケア事業に参入する。

 EPARKヘルスケアは、日本最大規模の順番待ち・時間指定予約サービス「EPARK」の中で、薬局業界に特化した様々なサービスを展開している。

 現在、世界規模で人口増加と高齢化が進行する中、ITを活用し健康促進を図ろうとする「Health Tech」はヘルスケア領域に変革を起こし、次世代の健康管理法を創出することが期待されている。

 そのような社会環境を背景に、フリービットは「IoT(モノのインターネット)」、「不動産Tech」とともに「Health Tech」を今後の中長期的な事業戦略を担う支柱の一つとして成長させる予定だ。



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top