トピックス -企業家倶楽部

2016年10月20日

ソフトバンク、フィリピンで新公共交通システム実証事業開始

20日より2年間の予定





 ソフトバンクは20日、フィリピン・マニラ市で新公共交通システム「Mobility as a System」の実証事業を開始した。

 これは、フィリピンタクシー「トライシクル」に電気自動車「68VM」を50台使用、給電設備や課金システムなどのEVエコシステムを組み合わせたもの。

 同システムの実用化、普及により、大気汚染や騒音問題、省エネルギーなど環境問題の改善を目指す。

 実証事業はフィリピンの貿易産業省およびイントラムロス監督庁と共同で、2年間行なう予定。



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top