• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -ビッグベンチャー

2016年12月01日

エイチ・アイ・エスとPDエアロスペースら、宇宙事業で資本提携

宇宙機開発を推進


 エイチ・アイ・エス、PDエアロスペース、ANAホールディングスは1日、宇宙旅行など宇宙輸送の事業化に向けて10月28日に資本提携したと発表した。国内唯一の有人宇宙機開発企業であるPDエアロスペースに2社が出資し、開発を支援する。2023年には宇宙への人、モノの商用運航を実現する予定だ。

※写真は左からエイチ・アイ・エス澤田秀雄会長兼社長、PDエアロスペース緒川修治社長、ANAホールディングス片野坂真哉社長




 宇宙機には、PDエアロスペースが独自に開発したパルスデトネーションエンジンを採用。同エンジンはジェット燃焼とロケット燃焼を単一エンジン内で切り替えられるため、機体やエンジンが一つで済み、大幅なコスト削減が可能となる。また、構造が単純なため安全性も向上する。




 こうした開発を推進するため、エイチ・アイ・エスが3000万円、ANAが2040万円を出資。だが、エイチ・アイ・エスの澤田秀雄会長兼社長は「現在の資本では足りない。もっと増資して開発速度を上げた方がいい」と、さらなる支援の必要性を挙げた。PDエアロスペースの緒川修治社長は、「宇宙をもっと身近な存在にしたい」と意気込みを語った。



  • DEGITAL DATA SOLUTION
コメントをシェア

2017年度 第19回企業家賞
骨太対談
DEGITAL DATA SOLUTION
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top