• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -ビッグベンチャー

2017年06月23日

この夏ハウステンボスで日本初の新体験を!

インテルと共に300機のドローンショーを開催





左からhapi-robo st 社長 富田直美氏、ハウステンボス社長 澤田秀雄氏、インテル社長 江田麻紀子氏、米Intel ニューテクノロジー事業本部副社長 アニール・ナンデュリ氏




   ハウステンボスとインテル、hapi-robo st (ハピロボ)は、「Intel Shooting Starドローン・ライトショー」を、この夏ハウステンボスで開催すると発表した。開催期間は7月22日~8月5日。

   これは、インテルが開発したLEDライト搭載のドローン「Shooting Star」を数百台規模で飛行させ、空中にアニメーションを描くというもの。

   これまでにオーストラリア、ドイツ、アメリカなどで開催しているが、日本では初めて。 Shooting Starドローンは、4つのプロペラを搭載したクアッドコプターで、サイズは384×384×93mm(幅×奥行き×高さ)、重量は280gと軽量だ。最大飛行距離は1.5km、飛行時間は最大20分。LEDライトは赤・青・緑・白の4色を搭載し、40億色を表現できるという。







   ハウステンボスでは300機によるショーを実施予定で、演出はハウステンボスとハピロボ、プログラミングはインテルが行うという。1回のショーは10分程度だが、期間中は毎日ショーを行う。7月22日には「夏一番花火大会」、8月5日に「スペシャルテーマ花火」が同時開催されるため、花火とライトショーを同時に楽しめるという。

   都内で開かれた記者会見には、ハウステンボス社長の澤田秀雄氏、ハウステンボス取締役&CTO 兼 hapi-robo st 社長の富田直美氏、インテル社長の江田麻紀子氏、米Intel ニューテクノロジー事業本部副社長のアニール・ナンデュリ氏、が登壇。

   ナンデュリ氏の説明によると、ドローン・ライトショーは「デジタル花火」と言えるもので、通常の花火以上の多くの新たな体験を提供できる。また広告として企業ロゴを空に描くなど広告にも使えるという。




   澤田社長は、ハウステンボスではナンバーワン、オンリーワン戦略の下、ロボットホテルとして人気の「変なホテル」や「ロボットの館」、ロボットレストラン「変なレストラン」など、ロボットの活用を加速させてきた。開業25周年企画として、最先端の技術を駆使したドローンショーを実施し、お客様に新しい体験を楽しんでもらいたいと語った。

   このドローンショーの開催は、ハウステンボスが私有地であることや、飛行を行うのは海上であることから、実施が可能と判断したという。

「2週間で数億円かかるが、評判が良ければ延長も考えたい」と澤田社長。日本初のドローン・ライトショーでハウステンボスが新たな価値を提案してくれそうだ。



  • DEGITAL DATA SOLUTION
コメントをシェア

2017年度 第19回企業家賞
骨太対談
DEGITAL DATA SOLUTION
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top