• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -ビッグベンチャー

2017年09月13日

GMOインターネット、ビットコイン採掘事業に参入

2018年上半期を目途


   GMOインターネットは13日、このほど参入を決定した仮想通貨の採掘(マイニング)事業に関する説明会を実施した。今回採掘が想定されるのは、時価総額約8兆円と世界で最も普及している代表的な仮想通貨「ビットコイン」。本事業は2018年上半期を目途に開始する予定だ。






   ビットコインの採掘には高度かつ膨大な計算処理が必要となるため、高性能のコンピュータと、その稼働と冷却を行える設備が不可欠だ。GMOインターネットは最先端技術を駆使した半導体チップを取り入れたコンピュータを開発することで、性能を担保。さらに、そうしたコンピュータを備えた「次世代マイニングセンター」を再生可能エネルギーの豊富な北欧に置くことで、クリーンかつ安価な電力の調達を可能とした。同地は寒冷な気候のため、コンピュータの冷却にかかる費用も軽減できる。

   GMOインターネットはまず自社でビットコインマイニングを行い、その経験を生かして、個人や事業者も容易にマイニングに携われるようにするサービスの展開を目指す。また、自社によるマイニング事業のために製造した高性能チップ搭載のマイニングボードを外部へ販売することも検討する。

   同社の熊谷正寿代表(上写真)は会見で、自社サービスの圧倒的な競争力を強調。「負けることのない事業」と自信を見せた。また、「仮想通貨の分野には、インターネット黎明期と同じワクワク感がある」と語り、仮想通貨の可能性について期待を示した。



  • DEGITAL DATA SOLUTION
コメントをシェア

骨太対談
DEGITAL DATA SOLUTION
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top