• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -ビッグベンチャー

2018年02月01日

エイチ・アイ・エス澤田社長「変なカフェ」をオープン

ロボットが本格コーヒーを淹れるバリスタに変身!


 エイチ・アイ・エスはかねてから開発を続けていた、ロボットが本格ドリップコーヒーを淹れる「変なカフェ」1号店を渋谷にオープンした。場所は渋谷駅近くの「渋谷モディ」地下1階にあるHIS渋谷本店の中。

「ハウステンボスの中にある「変なバー」が結構人気なので、コーヒーもいいなと研究を重ねていた」と澤田社長。今後ますます課題となる人手不足に対応する上でも、最も生産性の高いカフェを目指すと語る。




「美味しいコーヒーはいかがですか!」と愛想をふりまくのは、真っ赤に塗られ多関節型のロボット。お客様がバーコード付きのチケットを購入、読み取り機にかざすと、スイッチが入り動き出す。カップをセットし、豆を挽き、ドリップ式で淹れ、カウンターのお客様に差し出す。この間3~4分だが、その一連の動作は無駄がなくスムースな動きに、見ているお客様をくぎ付けにする。周りにはコーヒーの香りが漂い、まさに本格カフェの出現である。







 このロボットは米リシンク・ロボティクス社の協働型ロボット「ソーヤー」と、ノズルが円を描きながらお湯を注いでドリップコーヒーを淹れる米国製バリスタマシン「ポアステディ」を活用。時差式となるが一度に4杯を入れることができ、終わると金属フィルタの洗浄もこなし、再びセットするという賢いロボットだ。




 この導入に尽力したのはエイチ・アイ・エスグループとして2017年にスタートした株式会社「hapi-robo st」シニアディレクターの中野浩也氏(下写真)。「2坪ほどの狭いスペースで無駄なく動くようにするのには苦労しましたと」と笑顔を見せる。バリスタとしての細かい動作やこだわりのコーヒー豆については、老舗コーヒー店「小川珈琲」と提携し、研究を重ねたという。




 看板メニューはブラジル、グアテマラ、エチオピアの豆を最適な割合でブレンドした「本格ドリップコーヒー」(320円)。その他カフェラテ(380円)はカプチーノ(380円)など7種類を用意。ゆくゆくはアイスコーヒーもメニューに入れるという。




 こうしたカフェは通常2~3人必要だが、この「変なカフエ」は、豆の補充やメンテナンスに0.5人いれば済むとのこと。

「ここで運営ノウハウを蓄積し、ゆくゆくは「変なカフェ」を全国展開していく」と澤田社長。生産性の高さと美味しさの両立に力を入れていくと期待を寄せる。

 最も生産性の高いホテルとして「変なホテル」を展開、今度は最も生産性の高いカフェとして「変なカフェ」をスタートさせた澤田社長、ロボティクスに本格的に進出、次は何が登場するか楽しみだ。



  • DEGITAL DATA SOLUTION
コメントをシェア

骨太対談
DEGITAL DATA SOLUTION
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top