• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -ビッグベンチャー

2018年04月26日

エイチ・アイ・エス「変なホテル東京 浜松町」オープン

快眠+健康×近未来を志向、初の医療クリニック併設


   エイチ・アイ・エスグループが手掛けるロボットホテルとして知られる「変なホテル東京 浜松町」が4月27日にオープンする。東京では3拠点目、全国では6拠点目となるが、今回は初の医療クリニックを併設する。


   オープンに先立ち澤田秀雄社長は「このホテルのコンセプトは『快眠+健康×近未来』。『変なホテル』は世界一生産性の高いホテルを目指しているが、ここは世界一生産性の高い医療施設にしたい。初めての試みだが、ホテル+医療の新しいシステムを創っていきたい」と高らかに語った。




   実質的にはホテルの2階に、医道メディカルの陰山康成社長がコンサルティングティングを手掛ける医療クリニック「AI(アイ)ロボクリニック」を併設している。




左から2番目澤田社長、3番目陰山社長


   ここでは遺伝子検査や腸内フローラ検査を行い、検査結果に基づくオーダーメードの予防医療や治療を提供するという。このクリニックは宿泊者以外の利用も可能としている。診療科目としては内科、皮膚科、歯科など。




受付はロボットが

   実際に中に入るとエントランスにいる「ペッパー」が、受付や検査の説明を行う。4つの受付ブースにはそれぞれロボットが常駐、コンシェルジュとして受付をナビゲート、簡単な健康相談にも対応するなど、これまでにない新しい医療形態となっている。




クリニックの受付ルーム






クリニックのロボット




診察室


 3階には世界初のファイテンフロアを展開している。フィギアスケートの羽生結弦選手など、世界のトップアスリートに、数多くのボディケア商品を提供しているファイテンと連携したもので、3階の客室、廊下全てにアクアメタル技術をほどこした空間を作っている。これにより心身のリラックスに役立つという。

 また東洋紡とコラボ開発した「ブレスエア」を導入した部屋も設置。高反発で通気性抜群のマットレスを使用することで、より快適な寝心地を提供するという。




                   「ブレスエア」を導入より快適に

   ここでは1階にレストランも併設、朝食に提供するホットドッグは宿泊客専用だが、ランチやディナータイムには近隣のビジネスマンを取り込む。



                              レストランも併設

   JR線「浜松町」駅、モノレール浜松町駅から徒歩2分という立地の良さから、ビジネスマンをターゲットとしており、118室ある客室の8割をシングルルームまたはセミダブルルームとしている。価格はシングル1室\12,000から。

   また羽田空港にも近いことから、インバウンドも見込んでいる。



朝食にはホットドッグも提供




「多忙なビジネスマンの健康志向を促進したい」と笑顔を向ける澤田社長。併設した「AI(アイ)ロボクリニック」は自由診療で、公的医療保険は効かないことから、どこまで理解されるかは未知数だ。しかし、さまざまな会社とコラボし、快眠・健康を追求する、その柔軟な発想と実行力は澤田社長ならではと言え、今後の展開が期待される。



  • DEGITAL DATA SOLUTION
コメントをシェア

骨太対談
DEGITAL DATA SOLUTION
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top