• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -企業家倶楽部

2018年05月09日

akippa、新サービス「シェアゲート」を発表

IoTを活用したゲート式駐車場コントロールシステム


   駐車場のシェアリングビジネスを展開するakippaは9日、IoTを活用したゲート式駐車場コントロールシステム「シェアゲート」を発表した。各種建築物の出入管理システムや電気錠制御盤製品などを手掛けるアートとの共同開発である(下写真中央がakippa金谷元気社長、右がアート関本祥文社長)。




   ゲート式駐車場とは入退場口にバー式のゲートが設置された駐車場のことで、全国至る所に見られる。これまでもakippaのシステムを導入していた箇所はあったが、同社に対する支払いと現地清算という二重払いを防ぐため、有人駐車場でしか対応できず、オーナーにとっても負担になることから、数が限られていた。

   akippaとの提携下に無いゲート式駐車場は、基本的に事前予約ができず、入庫の際に駐車チケットを受け取って出庫時に現金清算するのが通例であった。今回akippaが発表したシェアゲートを導入すると、ウェブやアプリを通して事前に予約・決済を行うことが可能となり、現地の手続きを無人化できる。




   現地では、スマートフォンのBluetoothを起動した状態でアプリを開くことで、車で近付いただけで窓すら開けることなく入庫が可能となる。たとえスマホが無くとも、現地機械で簡単なテンキー入力をすれば入出庫できる。

   オーナーの導入コストは、Bluetooth・テンキー端末費用として20万円、取付施工費用として5万円かかるが、2018年中に申し込めば、その全額をakippaが負担するため無料となる。また、保守費用などの運用コストについては基本的に無料なので、オーナーは人的・金銭的コストをかけずに導入できる。




   現時点で既に大和ハウスパーキング、大和リース、いずみパーキングが導入を決定しており、今後も更に展開を広げていく考えだ。金谷社長は、「IoTを駆使することで、駐車場の革命を起こせると思っている」と抱負を語った。

  • DEGITAL DATA SOLUTION
コメントをシェア

骨太対談
DEGITAL DATA SOLUTION
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top