トピックス -ビッグベンチャー

2019年03月15日

ストライプインターナショナルグループ ショッピングバッグ有料化・紙製化

海洋環境の負荷削減を目指す





 ストライプインターナショナルとキャンは5月1日から、ショッピングバッグを有料化し、現行プラスチック素材の紙製化すると発表した。これにより、海洋環境の負荷削減を目指す。

 同グループは「エシカル」を掲げ「SDGs(持続可能な開発目標)」を推進。具体的には、縫製工場への人権デューデリジェンスや動物の毛皮不使用、AIを活用した最適生産量を維持する仕組みや目標廃棄率0.2%に向けた取り組み、オーガニックコットン等などに取り組んでいる。



  • DEGITAL DATA SOLUTION
コメントをシェア

骨太対談
DEGITAL DATA SOLUTION
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top