トピックス -ビッグベンチャー

2019年04月01日

ソフトバンクグループ、孫正義社長が入社式で訓示

情報革命で人々を幸せに


 1日、ソフトバンクグループは今年度の入社式を行い、同社社長の孫正義氏は新入社員に以下のように訓示した。以下、引用。


 おはようございます。私はこの4月という季節が大好きです。毎年冬の寒さに耐えて、桜の花が咲く。1輪ずつでもきれいですが、群れで咲き誇った時が本当に美しい。皆さん一人一人が咲いてもきれいですが、力を合わせて、志を共にして一緒に笑顔で咲いた時には格別な、さらなる喜びがあると思います。


 ソフトバンクグループが創業して間もない頃、全社員がここにいる皆さん程度の規模でした。このたび皆さんはグループの一員になりましたが、中国にはアリババ、アメリカにはウーバー、ウィーワークなど、世界中にいろいろな会社があります。創業30年目を迎えた2010年に「新30年ビジョン」を全社員で議論して作りましたが、この時思い描いた、AIやロボットなどの分野が、今日現在ではわれわれの事業分野の中に入っています。議論し、思い描いたことが続々と現実になっているのです。


 本日は皆さんにとって社会人1日目です。これからの人生をどう切り開いていくのか、どのように歩んでいくのかは、自分自身に責任があります。人生は気の持ちようで大いに変わります。20年、30年前、あんなに小さかったソフトバンクグループが現在、日本で時価総額2位となりました。何が大事かというと、常に10年先、20年先のこと、できれば30年先のことを考えて、手を打つということです。どんなに真冬で厳しい時も思いがあれば、一生懸命頑張り、耐えることができます。皆さんも仕事をすると難しい現実に必ず直面します。そこでへこんでしまうのか、学んでどんどん強くたくましく大きく開花していくのかどうかは、皆さんの気の持ちようで、全ては自分に帰結していきます。艱難辛苦は自分を鍛えてくれる材料です。若い頃、私は艱難辛苦に直面するたびに、ありがとう、もっと早く成長できると、心の底から喜んでいました。周りのせいにするのではなく、あらゆる艱難辛苦から学んで大きく育つという心構えを持ってほしい、そして、どのように高次元で成功を収めていくのかを考えてほしいと思います。


 私は、この20年間はインターネット、その前の20年間はパソコン、ソフトウエアだと言ってきました。これからの20年間はAIという言葉を言い続けると思います。あらゆる産業が、あらゆる仕事がAIで再定義されます。あらゆるサービスがAIによって進化する時代がこれからやってきます。世界レベルのものを取り入れるために英語は最低限必要ですが、それに加えて、AIを武器として身につければ、お客さまや同僚と話すこと、考えることのレベルが変わってきます。私は、99%の社員がパソコンソフトウエア流通、出版をやっていた頃に、インターネットをやると言い始めました。だからここまで成長することができました。これから、生活のあらゆるシーンでAIを使いこなし、AIに触れ、慣れ親しみ、活用することによって、決定的に差が開いていきます。1日も早く自分を進化させてください。

 人には、変わってはならないこと、変わらねばならないことがあります。自分自身をしっかり持ち続ける、心を大切にする、人を敬う、愛するという、人間の本質、情熱は大切にしないといけません。しかし、技能や知識は毎日進化させないといけません。今までのレベルで踏みとどまってはいけないのです。


 ソフトバンクグループが創業以来一度も変わらない、変わってはならないこと。それは経営理念の「情報革命で人々を幸せに」に尽きます。情報革命に集中して、力を集約させて、より専門化して、より進化させていく。それは何のためか。人々に幸せになってもらうためです。この1点以外は全部変わらないといけないし、進化しないといけない。手法も技術もビジネスモデルも知識も全部進化しないといけないのです。皆さん自身も、何のためにソフトバンクに入ったのかという初心は変わってはいけないわけです。それ以外のところは、全部変わらないといけない、進化させないといけない、という思いで頑張ってほしいと思います。よろしくお願いします。



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top