トピックス -ビッグベンチャー

2019年12月26日

セコム IoTベンチャー企業チカクと「まごチャンネル with SECOM」の提供を開始

「たのしい、みまもり。」をコンセプトとしたシニア向け見守りサービス


 セコムは2020年1月8日、IoTベンチャー企業チカクと協同で、高齢者向けの新たな見守りサービス「まごチャンネル with SECOM」を発売する。

 同商品は、「シニア・ファースト」を掲げるチカクが販売している「まごチャンネル」に、セコムの環境センサー「みまもりアンテナ」を接続したもの。「まごチャンネル」アプリを使い、いつでもスマートフォンから家族の写真や動画を実家のテレビに送信し、インターネットに不慣れなシニア世代でも、子どもや孫と一緒に暮らしているような体験ができる。さらに、本体に設置された「みまもりアンテナ」が、実家の部屋の温度や、離れて暮らす両親の起床・就寝や部屋の温度などを感知し、家族に状況を知らせてくれる。

 また、同商品はセコムの共想で生まれる協働プロジェクトブランド「SECOM DESIGN FACTORY」の第一弾商品として提供される。



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top