• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -企業家倶楽部

2016年02月18日

日本の埋もれた人材技術を結集して世界に/MTG代表取締役 松下剛

企業家倶楽部2013年12月号 言いたい放題





 MTGは美容、健康、スポーツというテーマで事業を展開、主力の美容ローラーReFaは国内売上210万本を突破し、アジア全体で1000万本をめざしています。コンマ数ミリの角度までこだわり妥協しない製品は、美容のプロから口コミで販売本数を増やしてきました。バランスチェアCUVILADYも韓国グループのKARAのCMで話題となりました。

 当社の製品は実証データの取得を不可欠と考え、産学連携を積極的に進めて商品開発を行っています。さらに性能だけでなくデザイン性も追及しています。

 起業の理由は養父母に恩返しをしたいという思いです。既に3人の男子がありながら、生後5ヶ月の私を引取り我が子同様に育ててくれたお陰で、小学校5年生になるまで全く養子だと気付かないでいました。親になった今はそれがどんなに大変なことか理解出来ますが、当時は生い立ちについて複雑な思いを抱え込んでいました。

 甘える事も出来なくなり、新聞配達で貯めたお金でウサギや鶏を仕入れ、それを売って小遣い稼ぎをしたものです。思えばそれが経営の修業になっていたのでしょう。中学生の頃には、いずれは故郷である五島列島を出て名古屋で起業すると周囲の人に宣言していました。松下家と五島列島への感謝を忘れる事はありません。事業が広がるにつれ、創業地や日本に貢献していきたいと考えるようになりました。

 海外出張も多い中で、10年前に比べ日本の価値が下がっていることを実感しています。日本人として悔しい限りですが、認めざるを得ない部分もあります。しかし、私は日本列島の中に埋もれた資源が山のようにあると感じています。それが大学であり、人材です。

 当社は平均年齢30歳の若い会社です。本物から学びプロを育成していくために大手企業のトップを務めた13名を顧問に迎えています。彼らには日本経済を築いてきた経験があり、次の世代にそれを伝え日本に貢献したいという思いがあります。我々は失敗事例も含めて吸収してきました。それも当社が急速に成長した理由の一つであると思います。

 日本企業は見過ごしていますが、アジアの企業は日本人技術者を沢山招き、貪欲に吸収しています。日本企業を退職した技術者は母国へ知財を残したくとも、価値を必要としているのは海外の企業です。国の宝であり、財産である人材を一番使える環境にいながら日本人は活かせていないのです。

 これは大学も全く同じです。素晴らしい特許技術は豊富にありますが事業化されていません。大学の研究者が大手企業に売り込みに行ってもトップには会えず、やっとアポイントが取れた担当者はリスクを恐れ、企業側の研究者からは敵視されることすらあるといいます。結局、日本の大学が税金を使って生み出した技術であっても、中国や韓国や台湾に売り込まざるを得ないのです。

 日本の技術、ノウハウ、人材、文化は世界のどこにも負けません。特に美容や健康産業に関しては断然日本がリードしています。東京青山の美容室サロンが並ぶ通りには中国や韓国から視察団が来ている程で、カット、施術の技術、サービスなどかなり差があります。

 日本の知恵、埋もれた技術を結集して、オールジャパンで勝負する。そしてありそうでなかったものを、メイドインジャパンで世界に展開していく。これを私は徹底的にやっていきます。そうすればいくらでも日本は発展していくでしょう。



  • DEGITAL DATA SOLUTION
コメントをシェア

骨太対談
DEGITAL DATA SOLUTION
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top