• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -ビッグベンチャー

2014年06月27日

次の20年に向けて/企業家ネットワーク創業20周年

企業家倶楽部2014年8月号


   企業家倶楽部を発行している企業家ネットワークは今年、創業20周年目を迎えました。ここまで支えて頂いた読者の皆様、スポンサーの皆様に深く感謝致します。

   私がまだ学生の時に現在会長の父が「ベンチャーを支援する会社を作りたい」と宣言、20 年前の1994年、日本経済新聞社を退職し企業家ネットワークを設立しました。創業当時は人手が足りず、取材や講演のテープ起こしを手伝いました。創業社長の声から伝わってくる躍動感、バイタリティーに感化され、自分の心が高鳴るのを抑えきれなくなったのを昨日のことのように覚えています。私は自然とベンチャーに魅了されました。


「ベンチャーのメッカである米国シリコンバレーを自分の目で確かめたい」、その思いだけで、単身米国西海岸を訪ねました。サンフランシスコ国際空港からレンタカーを借り、一路サンノゼをめざしハイウェイ101を南下。車窓からは新興ベンチャーの色鮮やかなロゴが目に飛び込んできました。その中にはアップルやヤフーがありました。果敢にベンチャーにチャレンジする人を尊敬し、主体的に支援する風土に感動しました。この旅で出会う人々は皆、オープンマインドでベンチャー好きな日本の若者を温かく迎え入れてくれました。きっと、毎日晴天で心地良い気候も無関係ではないのでしょう。そして、20年経った今日でもベンチャー企業家が発する清々しい魅力は色褪せていません。

   私たちは、「日本にもシリコンバレーのような企業家を輩出し続ける風土が必要である」という思いで、経営誌「企業家倶楽部」を発行しています。これまでに世界ブランドをめざすベンチャー企業家を100名以上、特集してきました。

   2年前の2012年8月号では「企業家倶楽部」創刊100号記念として、企業家四天王を特集しました。ソフトバンク孫社長、ファーストリテイリング柳井会長、エイチ・アイ・エス澤田会長、日本電産永守社長らはこの30年間、日本経済を牽引してきた功労者といっても過言ではないでしょう。

   20周年を迎えるにあたり、編集部では四天王に次ぐ、今後の日本経済を引っ張る企業家は誰であるのか話し合いました。そこで今号では20人の次世代企業家をピックアップしましたが、まだまだ紹介したい有望な企業家は多くいます。しかし、この20人を中心に日本の経済界が盛り上がっていくことは間違いないでしょう。

   かつて、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏は記者の質問に、「ライバルは、今もどこかのガレージで思いも付かない新しい何かを生み出している連中だ」と答えました。企業家倶楽部は、そのような世界に羽ばたくベンチャーを発掘し、読者の皆様に届けることを誓います。ご期待下さい。

   企業家倶楽部 編集長

   徳永健一



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top