• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -企業家倶楽部

2015年03月22日

創造的オフィス空間で成長しつづける企業を創る/クロスカンパニー代表取締役社長 石川康晴

企業家倶楽部2015年4月号 オフィス訪問 vol.1


ヤングカジュアル「アース ミュージック&エコロジー」など、若い女性向けのアパレルで売上1100億円企業へと躍進するクロスカンパニー。今般、事業拡大に伴い増床・移転、東京オフィスを戦略的拠点と位置づけた。そのコンセプトは創造的オフィス空間。ユニークな発想、創造力が高まる空間を目指したという。いかにモチベーションを高め、創造力を引き出すか。新オフィスの目玉、未来妄想室にこもり、未来戦略を練る石川康晴社長に真意を伺った。

(所在地)クロスカンパニー東京本部新オフィス

〒104-0061 東京都中央区銀座4-12-15 歌舞伎座タワー17・18F


Profile

石川康晴 (いしかわ・やすはる)

1970年岡山市生まれ。岡山大学経済学部卒。94 年クロスカンパニーを創業。99年に「アース ミュージック&エコロジー」を立ち上げた。宮﨑あおいを起用したテレビCMで注目を集め、10 年中国に進出。100 店舗を展開する。一方、女性支援制度を中心とした社内制度の充実、環境活動や地域貢献活動へも積極的に取り組む。2014年、グローバルブランド「KOE」を立ち上げ世界を目指す。内閣府男女共同参画会議議員。12年「第14回企業家賞チャレンジャー賞」受賞。




問 広々としていろいろ工夫が感じられるオフィスですが、新オフィスで一番大切にしたのはどんなことですか。

石川 コミュニケーションです。前のオフィスは3フロアに分かれていましたので、横のコミュニケーションが取りづらくなっていました。エントランスには全社員のポートレートが張ってありますが、一見、大人しい社員も個性が出ます。事業部を超えて、スタッフのキャラが伝わってきますね。また新オフィスで力を入れたのはメリハリです。そのために就業前・ランチタイム・終業後と、BGMを3回変えています。選曲はクリエーターですが、社内でハーモニープロジェクトを立ち上げました。いろんな人がハーモニーを作って、一つの作品にしていくという意味です。19時には消灯、朝は始業時間の15分前から自分の席につける。要はメリハリを意識しています。




問 コミュニケーションを大切にしたとのことですが、どんな工夫がありますか。

石川 カフェとバーカウンターをつくりました。バーは隣り合って座るので、コミュニケーション密度と頻度がアップします。お酒も置いてあり、18時以降はお酒もオーケーです。



クリエイティブウェンズデイで創造力を高める

問 このオフィスの狙いについてお聞かせ下さい。

石川 ユニークな発想、創造力が出やすい組織にしたいと考えました。そこで水曜日はクリエイティブウェンズデイ、創造力水曜日にしようと。グーグルでは一週間の内、20%は仕事以外のことを考えろというポリシーがあります。わが社では水曜日を新規事業の日にしようと、準備を始めたところです。

問 大変ユニークな考えですがいつからスタートするのですか。

石川 2015年秋から始めます。水曜日はルーティンワークを全部止める。商談も事業部ミーティングも止めます。ルーティンワークは水曜以外に集中してやれということです。性格とか趣味の合う仲間と、ブランドレスでチームを組んでやる。例えばマラソン好きはマラソンの新規ブランドを考えるとかね。まだ準備期間中です。水曜日以外の日に残業が増えるなど社内からクレームが多いので、ゆるやかに導入したいと考えています。


クリエイティブウェンズデイで創造力を高める


問 どういう考えからクリエイティブウェンズデイが出てきたのですか。

石川 全体を回してみる経験をさせたいと考えました。ユニークな発想や創造力を出しやすい組織にしたいからです。ケーススタディーやデータはどこからでも引っ張れる時代ですが、ユニーク性、創造力は人そのものです。思考力は大企業になるほど低下していきます。自分の与えられた担当業務だけやっていればいいという人が増えてしまう。上司も教えようという努力が減る。プロモーションの部門なのに、SNSだけしかやらせてもらえないとか、企画やCM、カタログは経験できないなど、自分の担当しかできない。クリエイティブウェンズデイで、マーケティング全体を回せるという経験をさせてみたい。全体業務が見られるようになると、部分もよく見えるようになります。

問 ユニークな試みをいろいろ実施しておられますが、移転して社員の反応はどうでしょうか。

石川 以前とは見違えるほど、コミュニケーションが良くなりました。3フロアに分かれて、ライン性なので9つのマトリックスがあり、バラバラになっていました。今は社員が全員18階にいますので、全然違います。立ったまま会議できる場所を意図的につくり、立食テーブルみたいなものを置き、会話がしやすいように工夫しています。




問 自慢の場所はありますか。

石川 未来妄想室です。クリエイティブと個性、コミュニケーションを大切にするオフィスの目玉として、未来妄想室を作りました。新規事業とか会社の未来に貢献している人たちが利用しています。私もよく入っています。この部屋は会議机がありません。リラックスして面白いことを考えはじめるわけです。他は、社員の机のレイアウトが面白いですよ。CELL ACTIVATION(細胞活性化)という概念に基づいたレイアウトで、扇形にデスクを設置。上司と部下、同僚とのコミュニケーションが円滑化するよう繋がり、風通しのよさを重要視しています。

問 参考にした会社はあるのですか。

石川 ありません。我々がロールモデルになるべきだと思っています。一時期、個人の机やパソコンを持たないフリーアドレスが流行りましたが、あれはもはや古い。2つの理由がありますが、一つは仲の良い人とたまるだけということ。もう一つはラインで動く以上、チームで座らないと生産性が低い。当社は2ヶ月に1回、席替えがあります。戦略的に偶数月は事業部単位、ライン制です。奇数月は横串のチームで座る。縦のラインと横のチームがマトリックスに組織がなるように、意図的に席替えします。普通の人事異動は一年に1回です。お互いの苦労が分かるように色んなことを経験させるようにしています。




問 これだけ投資して社員に期待することは何ですか。

石川 創造力、思考力が高まって、新しい価値を作れる人たちが増えるようにしたい。全社員の2割が、マーケティングでユニークなことを考えられる人が出れば、成長の止まらない会社になると思います。投資額は千坪で2億5000万円です。



KOEブランドで世界戦略

問 新しいオフィスで、クリエイティブな発想がどんどん生まれてきていると思いますが、新しく立ち上げたグローバルブランドKOE(コエ)の調子はどうですか。

石川 KOEは2つのセグメントを持っていて、1つはネオファミリーという新しい価値観を持った若手ファミリー。2つ目はオピニオンキャリアで、新しい生き方をしているお洒落な20~30代の女性です。ネオファミリーに関しては、非常に順調です。キャリアは狙ったほどではないので、15年は力を入れます。


問 関東への出店はいつになりますか。



石川 まだ岡山、新潟、香川だけですが、埼玉に15年春に出店予定です。16年には東京に進出します。西から北上していきますが、商品とプロモーションを強化していきます。今は特に子供服が好調です。ZARAにもH&Mにも子供服はありません。そこがホワイトスペース。無いところを攻めたのです。オピニオンキャリアは競合他社と被るので、15年は戦いになりますね。地方でブラッシュアップしたものを関西、関東で試していきます。同タイミングで北京、上海、ニューヨーク、ロンドン、パリにも出店します。16年に向けた世界戦略を考えています。リスクマネーを50億円積みましたので、拡大路線を貫きます。

問 株式上場についてはいかがですか。

石川 16年秋を予定しています。



アパレルからライフスタイルデザインカンパニーへ


アパレルからライフスタイルデザインカンパニーへ


問 岡山のイオンショッピングセンターにはアイスクリームなど食の店も手掛けていますね。

石川 これまではアパレル事業を20年やってきました。これからは事業領域を衣食住に広げて行こうと、アパレル会社から、ライフスタイルデザインカンパニーに変えていく。世の中にアイスクリームはいろいろありますが、健康を追求したものはあまりない。そこで健康をテーマに制服や接客、見せ方、プレゼンテーションのデザインなどアパレルの観点から開発しました。稀少糖や寒天を使用、野菜と果物はオーガニックなものを柱に、しかもアレルギーフリーにしています。種類は48種類。家族全員で、同じ店で食べられるというコンセプトです。48種類全部試食しましたので何回もお腹を冷やしましたが、自分が美味しいと思うもの以外は提供したくありません。最初は100種類が目標でしたが、おいしいと思うのは48種類だったのです。実は6坪のアイス屋で1日900本売れる。売上は月に700万円という勢いで、坪効率ナンバー1の事業になりました。導入月から黒字の事業は久々です。

問 岡山にアパレル以外のライフスタイルの店舗を出店していますね。石川 ハンドクリームのSCENTOF Varo、ギフトマーケットでハンカチ、化粧ポーチが中心のメゾンドフルールですが、こちらも非常に人気です。



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top