• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -企業家倶楽部

2005年08月27日

人財のやる気を引き出す人間力が何よりの強み/西山知義の人的ネットワーク

企業家倶楽部2005年10月号 レックス・ホールディングス特集第5部



並み居る企業家たちのムードメーカー的存在の西山。彼の話となると、皆が笑みをこぼして語る。ともに創業時の苦労を知るUSENの宇野康秀は、互いの成長を喜び合う。フルキャストの平野岳史は気のよい仲間として西山と笑いあい、楽天野球団の島田亨、サイバードの堀主知ロバートは人材育成に学ぶべき点を発見する。FC展開ではライバルでもあるフォーシーズの浅野秀則も、いつしか西山の魅力の虜となっていた。いずれも西山の人間味に惹かれた、叩き上げの企業家たちである。(文中敬省略)
 



直感力に優れた破天荒な経営者

フォーシーズ社長 浅野秀則氏

   日本一の宅配ピザチェーン「ピザーラ」を展開する浅野が西山を初めて見たのは五、六年前、あるバーですれ違った程度であった。実はよい印象をもっていなかった。

「ピザーラのFCがベンチャー・リンクの営業攻勢で切り崩されていて、その正体は牛角だという。とんでもないやつがいると思っていたんですよ」(笑)

   しかし、その後レインズインターナショナルのことをよく調べてみると、しっかりとした考え方で事業をやっていることがわかり、ピザーラのFCオーナーにも「牛角だけはやっていいよ」と言うようになった。今では一緒に組んでブライダル事業に乗り出したり、フォーシーズがサポートしているヨットレース「ピザーラ ニッポンカップ」を西山が支援したりと、兄と弟のような親密な関係が続いている。

「彼は天才です。僕が一番驚いたのは、高円宮妃久子殿下にご臨席いただき、『高円宮メモリアルニッポンカップ2003』を開催したときのことです。昼食で、肉が箸でも切れるくらい柔らかいと評判の『まい泉のカツサンド』をみんなで美味しい、美味しいと言いながら食べていると、西山社長が、これは普通の肉ではないですよ、一度千切りにしているんですよ、といきなり言ったのです。そんなこと言った人は誰もいない。その素材に対する感性はすごい。直感的にパッと気がつくんです」

   食事をしている時でも西山は「これは旨い、これはいい」と無意識に話している。直感的にわかって、解説しているのだという。

   経営については仕組みでやっていくタイプで、浅野からすれば「気がつくと会社が変わっている」と感じられるほど、スケールアップのスピードが早い。

「ちょっと前までは焼き肉屋のオーナーだったのに、今はセブン-イレブンを相手に戦っている。マーケットに合わせて、自分が変幻自在に変わっていくんですよ」

   最初の印象はビックリ熊さんという感じ、と浅野。一緒に飲むと二人で冗談ばかり言い合っている。

「遊ぶ時は遊び、仕事をする時は徹底的にやる。その切り替えがうまいですね。特にカラオケはプロ並みにうまい。冗談抜きで、僕は作曲でCDを五枚出しており、いろいろな歌手を知っているが、彼が一番うまい。だから、彼は絶対に最初に歌わせない。後の人が歌えなくなるから」

   西山は豪放磊落でありながら、細かいことに気がつく。普通のサラリーマンにはない感性を持っているのは、会社の細部まで自分の細胞だと思っている創業経営者だからである。

   マネジメントについては、任せるところは任せ、押さえるところは押さえることができる。新会社の立ち上げで、ある社員が「昨日は朝四時までやってました」と報告したところ、「四時に帰ったのか!なぜ泊まらなかったんだ」と西山が本気で怒った話は伝説となっている。

「会社というのはある規模になると、そういう破天荒なところがだんだん薄れていくんですよ。けれども、レインズにはまだそういうところがある。西山社長は若手の社員をその気にさせることができる人。そのエネルギーがあるからこそ、セブンーイレブンにも向かっていけるんです」



人財への思いと謙虚さが何よりの強み

フルキャスト社長 平野岳史氏

   熊のような顔と風貌。「俺と似ている・・・」平野は西山に出会った瞬間、思った。西山も同じことを感じたのだろう、しばし二人は見つめ合った。「いざ話してみると、笑いのツボ、価値観まで似ていたんです。それですごく仲良くなった。今では週に一回は会い、家族ぐるみで付き合ってます。よく働いてくれるうちのスタッフに、牛角のお食事券をプレゼントするなど、事業面でも協力していますよ。そうして二人でつるんでいると『ベアーズ』なんて言われます(笑)」

   平野は西山との間柄をおかしそうに語る。そんな二人は経営観も似ている。事業は違えど、二人とも人材を「人財」として大切に扱い、人材育成を徹底する。人材にこだわるあまり、二人で場末のスナックに行った時、「女の子のやる気がない」と愚痴るママに対し、「モチベーションとは何か」と説教してしまったこともある。「そのスナックがどうなったかは知らないのですが、少なくともうちは、レインズの仕組みを取り入れて表彰を頻繁に行い、モチベーションの向上を図るようになりました。西山さんは人のやる気を引き出すことに関して対しては天才的に上手です」

   それに加え、年配者に「こいつだ」と思わせるところがすごい、と平野は言う。学生時代、アメリカンフットボールで上下関係に揉まれてきた西山は、目上の人に徹底して気を配り、マナーや挨拶を欠かさない。そして純粋に尊敬する。だからこそ、am/pmの秋沢社長(現・am/pm会長)、成城石井の石井社長(現・成城石井相談役)も西山を信頼した。

「不遜なところがないんです。だから部下が本気で信じて付いてくる。ただ、皆が西山さんの方を向いている分、代わりとなる人材を育てるのは大変だと思います。今後のレックスの課題でしょうね。あともう一つ、プライベートの課題ですが、カラオケで酔っ払った時、盛り上がりすぎて人を帰さないのはやめて下さい(笑)。自分に用事ある時はさっさと帰るのに、僕が帰ろうとすると『まだいいじゃないですか』って・・・嬉しいけど次の日が辛いんですよ」

   ちなみに二人の十八番はケミストリーの「You Go Your Way」。がっちりした男二人がしっとりと歌い上げるバラードは、なかなか好評だとのこと。次はオレンジレンジの「花」をマスターすべく計画中だ。「いつか一緒に歌手デビューしませんか?その時の名前はダブル・ベアーズだとつまらないから『ダボ・ベアーズ』なんてどうでしょう。USENの宇野社長がエイベックスでプロデュースしてくれるって言ってくれましたよ(笑)。夢が広がりますね」

   さりげなく雰囲気に気を使い、時にユーモアを交えて語る点も、平野と西山は似ている。二人ともいるだけで周囲を賑わせる企業家である。



持ち前のサービス精神で誰をも魅了する人気者

USEN社長 宇野康秀氏

「勢いがあっておもしろい会社があるんですよ!同行して下さい!」九〇年代前半、宇野が人材紹介を行うインテリジェンスを立ち上げて間もない頃、部下の営業マンが息せき切って報告にきた。早速、宇野はその会社に乗り込む。そして出会ったのが、不動産業を営む傍ら、外食事業参入のためにマクドナルドでアルバイトに励む西山だった。「強烈でしたね」。当時二十代の経営者が珍しい中で、自分よりも若く、ひたすらエネルギッシュな西山を見て、宇野は舌を巻いた。それをきっかけに、宇野は西山の会社案内を作成。以降、互いに社長業に必死で、連絡は途絶えるものの、二人の会社が成長してから自然と交流が復活した。

   宇野はレインズの急拡大の秘訣をこう語る。

「本人が自ら出て行って、社員のやる気や能力を引き出したから、組織が強くなったんです。だから急拡大にも耐えられた。私が会社を拡大させた時は、ストイックになりすぎて空気がピリピリしがちだったんです(笑)。だから西山さんの周りを楽しませつつ、会社を大きくする能力は本当に羨ましい」

   そんな西山のサービス精神は、プライベートにも遺憾なく発揮される。宇野が西山に連れられてハワイの牛角に行った際、西山は汗を流しながら、自ら肉を焼いていった。「一番いい焼き加減で食べて欲しいんですよー」なんて殺し文句付きでは逆らえない。宇野の皿にはどんどん肉が盛られていったという。また、自分をネタに皆を笑わせることは日常茶飯事。宇野・三木谷(楽天社長)・平野(フルキャスト社長)・西山の四人で飲みに行くと、平野と西山がお笑いコンビのようにその場を盛り上げ、宇野と三木谷が普段通りのテンションで楽しむという構図ができ上がる。そんな西山のキャラクターを、宇野は愛してやまない。「これを見て下さい」と宇野が笑いながら取り出した一枚の写真には、西山と友人がマイクを握り、熱狂的に歌う姿があった。「友人の誕生日に、西山さんがバックバンドで歌った時のものです。本当にカラオケが好きなんでしょう、目がイキイキしてますよね。私の協力をとりつけて、平野さんと歌手デビューしようという魂胆があるそうですが・・・可能性がないわけではない、とだけ言っておきましょう(笑)」

   宇野を通じて歌手デビューとまで行かなくとも、宇野が運営する無料ブロードバンド放送「GyaO」に西山が出演、宇野と対談形式で経営について語ったりもした。この他にも、宇野は西山と組んでやりたいことがたくさんある、と言う。「一緒にやることで、共に成長していけたら最高ですよね。出会った頃は、どちらの会社も本当に社員が少ない状態だった。一緒に成長できる仲間がいて、本当に嬉しかったんです。創業当初を知っている西山さんは、私にとって本当に励みとなる存在。これからもその人柄で周りを盛り上げ、どんどん成長していってほしいですね」



人心掌握に最も優れたリーダー

サイバード会長 堀 主知ロバート 氏

   西山とは三年半ほど前、ファンドマネージャーの紹介で出会った。年も同じなので気が合うだろうということで紹介されたのだが、二人とも投資家の前ではくだけた話をすることもできず、とまどっていた。

   西山が牛角の立地戦略はいかに科学的な分析に基づいているかを説明した。「すごいですね」と堀は答え、そして沈黙。どうも話が乗らない。そこで西山は同社が半年に一回開催しているパートナーズフォーラムのビデオを見せた。

「ものすごく感動して、目が潤んできました。初対面で涙を見せるのはかっこわるいと思って、必死で太股をつねりました」と堀。

「鼻にピアスをしているような若者が、BSEの逆風にさらされている最中、どうしたらチームで目標を達成できるかを必死に考えている。そして、決して洗練されたやり方ではなく、助けてくれと言いながらチラシ配りをしているんです」

   西山は人をモチべート(やる気にさせる)する天才だ、と堀は言う。それ以来、サイバードの幹部社員をパートナーズフォーラムに派遣している。

「うちの幹部も感動し、こういうマネジメントをしたいと言っています」

   こうして西山と知り合った堀だが、その後、頻繁に連絡を取り合う仲間となる。USEN社長の宇野康秀、フルキャスト社長の平野岳史、楽天会長の三木谷浩史ら同年代の経営者はみな仲間である。そうした中で、誰が誰よりすごいといったことを言ったり、考えたりすることはないが、西山の人をモチベートする力だけは、みんなが脱帽しているのではないか、と堀は言う。

「幹部や社員だけでなく、FCオーナーから店長、パート・アルバイトに至るまで、あらゆる階層の人たちに等しく、自分から行って達成する気持ちにさせています。レインズのアルバイトががんばっている姿を見るたびに、僕はあまり人を羨ましいと思うことはないのですが、羨ましくなります。あの力が俺にあったら……と」

   西山とは上記の仲間たちと家族ぐるみで付き合っている。家族で集まってボーリング大会やビリヤード大会をしたこともある。

「家族をメチャメチャ大切にする人です。優しい人なんでしょうね」

   西山は日本を代表する経営者であり、若手経営者の中では最も優れて人心を掌握できる経営者である、というのが堀の見解である。



外食を学ぶためマクドナルドでアルバイトをした経営者

楽天野球団社長 島田亨氏

「ものすごい驚きを覚えました。数億円の売上高を誇る不動産屋の社長がマクドナルドでアルバイトをできますか」

   島田は西山から受けた強烈な印象をそう語る。島田が西山と知り合ったのはインテリジェンス時代である。一九八九年、リクルート出身の島田は宇野康秀(現・USEN社長)とともに人材派遣会社インテリジェンスを設立する。そのころ島田は宇野を介して西山と顔なじみになった。西山は島田より学年は一つ下だが、互いにまだ二十代前半だった。

「西山さんはこれから進出する外食産業の仕組みを学ぶために、女子高生の下で働いていました。とても柔軟性がある人だと思いましたね」

   その後、西山とはベンチャーの会合などでたまに会う関係が続いていたが、二〇〇三年を期に急速に仲が深まった。フルキャストのゴルフコンペで久しぶりに出会ったことがきっかけだ。

「ゴルフを中心に仲良くなりました。そのころ僕は投資家をしていたのですが、仕事がそれほど忙しくなく時間の都合がつきました。西山さんがゴルフをしたいとき、電話一本で付き合えるのが僕だったんです(笑)」

   偶然、出会うことも多かった。島田と宇野がハワイのホノルルでゴルフをしていると、たまたま同じ場所で西山とフルキャスト社長の平野岳史もゴルフをしていた。

「ゴルフの後に、みんなで集まってハワイの牛角に行きました。実は今日の夜も西山さんとお会いします。八月生まれの平野さんや宇野さんをお祝いしようと、事前に打ち合わせをするんです。実は、僕と西山さんと楽天の三木谷さんは三月生まれで、共通点も多いんですよ」

   島田と西山はカラオケ仲間でもある。西山のカラオケ上手は有名だ。

「西山さんはいろんな曲を歌いますね。最近では、ケミストリーとか。僕はSMAPをよく歌います。フルキャストの平野さんも歌が上手くて、踊ったりしますよ。四十代の僕らがなぜ若い歌手の曲を歌うかというと、時代の空気がわかるからなんです」

   ある年代で知っている曲が止まれば、そこで感覚が時代についていけなくなる。流行りの曲を積極的に取り入れていくことで、時代の新しい感覚を掴むことが、ベンチャー経営者にとって大切なのだ。

「西山さんは時代を読んでいく力が非常に優れています。am/pmや成城石井の買収もそうですが、時代の流れを立体的に捉えた戦略を推し進めます」

   レックスの強さのひとつに、本部とフランチャイズに距離がないことが挙げられる。本部とフランチャイズのオーナー、オーナー店長とパートナーの間にはそれぞれ意識の溝ができがちだが、レックスはトップから現場のパートナーまで「感動創造」の理念が浸透している、と語る。

「西山さんは自分の思いや理念を徹底的に伝えますが、まったく嫌みがなく、非常に共感できるんです。人を信頼し、共に育とうという意識が非常に強い人ですね。本当に人を大切にしています」

   島田は昨年十一月、楽天の三木谷浩史に誘われて、東北楽天ゴールデンイーグルスを運営する楽天野球団の社長に就任した。

「パートナーズフォーラムや表彰式のイベントなど見習うところばかりで、楽天野球団でもぜひ取り入れていきたいですね。今は私も忙しくなってしまいましたが、そのうち余裕ができたら、ぜひ一緒にゴルフをしたいです」



  • DEGITAL DATA SOLUTION
コメントをシェア

骨太対談
DEGITAL DATA SOLUTION
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top