• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -企業家倶楽部

2015年04月27日

無理を無理とせず挑戦/サマンサタバサジャパンリミテッド 代表取締役社長 寺田和正

企業家倶楽部2015年6月号  私の信条





 私たちは主に女性向けのBag、ジュエリーを展開しており、その他スイーツ、洋服ブランドなども販売しています。2015年2月期で売上高403億円、経常利益33億円を見込んでおり、順調と言えるでしょう。

 昨年4月の消費増税は一つのチャレンジでもありました。1997年4月、消費税が5%に上がった折には会社が倒れ掛かったこともあり、今回は親の仇を討つくらいの気持ちで、時間をかけて対策を練ってきたのです。

 具体的に行った一番の施策は、4月になると同時に店舗中の商品を75%入れ替えたことです。現場のスタッフとしては売れている商品を下げてしまうことに不安を覚えたでしょうが、店舗を実際に回って徹底させました。

 長い間お客様を見てきましたが、その気持ちはどんどん変わっていきます。もはや、セールなどで価格を下げても買ってはいただけない。本当に価値のある、欲しいものでなければ売れないのです。

 生活必需品とは違い、基本的に私たちの商品は無くても生きていけます。その上でなお、欲しいと思っていただくため、ワクワクやドキドキを作ることに力点を置きました。その過程で打ち出した顕著な例が、「消費税に勝つのは愛だけだ」と題するキャンペーンです。これは1年間に渡って打ち出し、テレビCMはもちろん、小説まで書いていただきました。消費はマインドなので、気持ちに訴えかけて買いたいという方向へ変えていくことこそ重要だと考えたのです。




 全社一丸となって奮闘したことが業績に繋がったのだと思いますし、会社が一つ強くなった気もします。今後ますますブランド力を高めていく上で良い流れができました。

 思えば、私がブランド作りにこだわるようになったのは、学生時代にカナダへ留学していた時の経験がきっかけです。経営学を専攻していたのですが、カナダ人の先生が乗っていたのがトヨタの車で、「燃費も良くて、壊れない」と事あるごとに自慢するのです。私はそれが自分のことのように嬉しくて、日本人が一人しかおらず寂しい思いをしている中で勇気付けられました。

 これこそブランドの力だと思うのですが、ファッションやバッグの分野で日本発の世界ブランドがなかなか出て来なかった。私は、日本人が海外に行った時に誇りに思ってもらえるようなブランドを作りたい。自社の商品を通じて勇気や感動を伝えられれば幸いです。

 ブランドを作るには「良い商品を作る、良い場所に出店する、良い人を育てる、良い宣伝を行う」という4つが欠かせません。これらに対してどのようなチャレンジをしていくか、常に考えています。

 現在は海外に39店舗出店していますが、2020年の東京オリンピックまでに少なくとも100店舗は展開したいですね。その時には売上高1000億円を目指します。

 
 09年からアジアに進出しましたが、今年2月の売り上げを見てみると、国内外425店舗の中で、1位は中国・香港、2位は大阪・心斎橋、3位は東京・新宿という具合です。海外も存在感を増してきているので、これからしっかり展開していきます。

 当初は多くの方から、日本発の世界ブランドを作るなど無理だと言われました。しかし、私は無理だとは思いませんでした。最近ではコマーシャルにセレブを起用していますが、これも最初は無理だと言われた。むしろ私は、無理だと言われると逆にチャンスだと捉えます。経営者としてのモットーは挑戦し続けること。無理を無理とせず、チャレンジを重ねていきたいですね。



  • DEGITAL DATA SOLUTION
コメントをシェア

2017年度 第19回企業家賞
骨太対談
DEGITAL DATA SOLUTION
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top