• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -企業家倶楽部

2015年06月24日

女性が結婚後も経験を生かして働けたらいい その一念で生まれた"ビジョナリー・ビジネス" / ビー・スタイル代表取締役 三原邦彦氏

企業家倶楽部2008年10月号 注目企業

結婚後の男女の仕事格差 その違和感から起業を決意

 女性、40歳。大学卒業後、就職して7年、バリバリ働く。30歳で結婚退職、専業主婦となり、母となる。子供も少し手が離れた今、再び働きたいと思い始めた。それは社会の一員としてやりがいを感じたいから、それに自由になるお金を稼ぎたいから。だが条件はあくまで夫の扶養内。家事や育児優先で仕事と両立したい――。あなたの周囲にもこのような女性がいないだろうか。学生時代の女友達や元同僚、いや、もしかしたら、あなたの家庭の中にも…。

 現在、こうした女性が数多く存在するのが事実である一方、彼女達が望むような再就職が実現しにくいのもまた事実である。家事や育児、また介護などで忙しく、フルタイムでは働けない。パートの仕事を見つけるとしても、主婦の求人はスーパーのレジ打ちや軽作業などが主で、かつてのキャリアを生かせる仕事とはほど遠い。そんな現実に直面する女性達を応援し、その経験や力を社会のために生かすべく力を尽くしているのが、ビー・スタイルである。

 代表取締役の三原邦彦は人材派遣大手のインテリジェンス出身。エンジニア派遣事業部執行役員兼子会社であるECサーブテクノロジーの代表取締役社長を務めたのち、2002年にビー・スタイルを設立した。インテリジェンス時代にお世話になった派遣スタッフの女性達が、結婚や出産後の仕事探しや働き方で悩む現実を知り、違和感を覚えた。それが独立のきっかけであった。当時の想いを三原はこう語る。

「雇用機会均等法が施行されて以降、男女のキャリアは結婚するまでは同じになった。でも結婚後の状況は20年前と変わりません。それを変えるべきだ、変えていこう。そう思ったのです。そこで既婚女性を中心とした人材派遣会社を立ち上げたのですが、業界を調べてみると、同じような派遣業を目指して挫折した?屍“が見つかった。実は、それほど難易度の高いビジネスというわけです。でも、だからこそ、命を賭して挑戦していこうと、改めて心に誓ったのです」

 創業当時、ビー・スタイル自体もパート女性を2人雇用した。一人は東レで社長秘書を務めたほどの女性。実に優秀な2人の女性が時給1000円でも熱心に働いてくれる姿を目の当たりにし、三原は「やはり、これはいける!」と奮い立った。その確信を裏打ちするかのように、派遣登録にやって来る既婚女性も優秀な人ばかり。「これほど優秀な女性達が家庭の中にいるのか」と感慨を新たにした三原であった。しかし、設立当初から既婚女性主体の人材派遣がスムーズに受け入れられたわけではない。特にホワイトカラーの業種や大手企業では既婚女性が働くというカルチャーがなく、「派遣はパートでなくフルタイム」「主婦はオバチャン」という固定観念があった。それを打ち崩し、啓蒙すべく三原が繰り出したのが?コカ・コーラ作戦“である。「昭和20年代の発売当初、日本人はコカ・コーラを『醤油みたいな色で薬臭い』と嫌いました。その時、営業担当者は『味はうまい』ということをわかってもらうために、とにかく人が飲んでいるシーンを見せてPRしたそうです。『隣の人が飲んでいるなら、うまいのだろう』と心理のハードルを下げさせたのですね。うちもそれを利用しました。まずA社で実績を挙げたら、それを取材して事例を作り、それを持ってB社、C社へ営業する。そうして何十社も続け、広げていったんです」
 地道に、だが確実に効果を挙げた?コカ・コーラ作戦“であったが、やはり大企業のハードルは高い。中小企業はトップの「ええやん」の一言で決まるが、大企業のマネジメントのあり方を変えるにはエネルギーが必要である。そこで、できるだけトップのキーマンに接触するなど努力を重ね、時間をかけて開拓してきた。創業約3年後から通信会社や自動車メーカー、化粧品会社など大企業との契約が実現し、その頃がターニングポイントになったという。現在も営業部隊は大手開拓チームとエリアチームの2班に分かれ、手法の異なる営業を果敢に繰り広げている。


結婚後の男女の仕事格差 その違和感から起業を決意

派遣先企業と登録者双方にWINWINのメリットを

 現在、ビー・スタイルの登録者は少なくとも2年以上の社会人経験を持つ40代までが中心の女性、約2万6000名。派遣企業は約650社にもなった。売上高は2008年6月期で約22億円、09年6月期月期は約30億円を見込む。

 現在のビジネスの柱は3つ。一つは言うまでもなくパートタイム型人材派遣サービスで、これが08月期で17・1億円、09年6月期で24億円(予測)の売上高の大部分を占める。人材派遣における同社の強みは徹底した人材コストの?ダイエット“の提案だ。相手企業の時期的・時間的繁閑の実態と、現在の人員配置のミスマッチを分析し、実際に必要なだけのパートタイム派遣を提案する。これにより従来の30%は派遣人件費をコスト削減できるという。

「我々の登録者は9割が既婚女性で、働く動機は?お金“より?ライフスタイル“。気に入った環境で働いてお金を得て、プライベートを充実させるのが目的です。たとえば家族旅行が熱海からハワイになったり、家族への誕生日プレゼントが少し豪華になったりね。生活のためではないから、同じスキルのフルタイム人材よりも時給は200?300円低くてもかまわない。それも派遣コストを下げられる理由です」

 また同じ派遣業務を曜日別・時間別で複数名で運用することで、人員のやりくりをスムーズにする「デイ・シェアリング」「タイム・シェアリング」というサービスも実現。さらに企業側が社食の利用や休みの取りやすさなどの働く環境を整えると、派遣の時給を下げる。これも企業と登録者双方のメリットとして好評である。この人材派遣サービスを下支えするのが同社の2つ目の柱であり、特許も取得した速攻型業務分析ツール「COMPASS」だ。相手企業現場への99問・約15分のアンケートにより、業務に合った雇用形態を短時間で導き出す。加えて三原が、今、三つ目の柱として注力するのが新卒採用のHRエージェントサービスである。

「卒業後の学生のうち55%しか就職しない現在、企業にとって重要なのは採用のプロセスや戦略。そのツールの提供のコンサルティングです。ツールの中でも特に最近注目されているのが説明会やホームページ、説明会への呼び込みCMなどに使用する映像です。『プロジェクトX』のような映像を作ってほしいなどという要望も多く、社内に映像制作チームを作って力を入れています」

 かくして順調に成長を続けるビー・スタイルであるが、その存在は三原曰く、あくまでビジョンありきの"ビジョナリー・ビジネス“。「結婚した女性がキャリアを生かして働けるようにしたい」。そのビジョンを今後も推し進める方針だ。    (細谷あつ子)
 
【会社概要】
社 名 ● 株式会社ビー・スタイル
設 立 ● 2002年7月5日
資本金 ● 7431万円
本 社 ● 〒160 0022 東京都新宿区新宿4 3 17 ダヴィンチ新宿ビル5F
電 話 ● 03 5363 4771
従業員数 ● 127人(パート83名含む)(2008年2月20日現在)



販売員の接客を実現

 デジカメの購入を検討している場合、どのような行動が考えられるだろうか。試しにグーグルで「デジカメ、一眼レフ」と検索すると696万件ヒットした。このようにウェブ上に大量に氾濫した情報の中から、目的の商品や情報を的確に探すには、専門用語の知識や条件検索のスキルが必要で、結構難しいと思った経験はないだろうか。次に、価格比較サイトに行き、トップページからデジカメを選び、一眼レフをクリックすると価格表と一緒に全メーカーがズラリと並ぶ。そこから画素数や記憶媒体などのスペックを選び、絞り込むわけだが、ある程度の電化製品についての知識がある人でなければ、十分な商品比較はできない。

 アルベルトの推薦エンジンを採用しているカメラのキタムラのサイトはどうだろうか。「予算はおきまりですか」、「メーカーは決めていますか」という質問の後、重視する項目として、手ブレ補正機能や連写、液晶画面の大きさなどを選択し、推薦結果が表示される。質問に対してキーボードを使わずにマウスで答えればいいので、誰でも簡単に使いこなせる。

「アルベルトのレコメンデーション・エンジンの特長は、ユーザーの理想とどのくらい一致しているかというフィット率が表示されること」と山川は説明する。一般的な検索エンジンでは条件と合致したものしか表示されないが、フィット率80%や90%の中にも、ユーザーの潜在的なニーズを発見する場合がある。それを掘り起こし購入率に繋げるのが狙いだ。

「店頭で販売員が消費者のニーズを汲み取りながら希望の商品を紹介する過程をウェブ上で再現できる」と山川はいう。



日本発の検索エンジン

 画像認識を使った新しい推薦エンジンの開発も行っている。画像色彩の自動認識技術で高い開発能力を持つ徳島大学と共同で衣類や雑貨などネット通販向けに商品を開発、販売する。従来のユーザーの購入履歴などを解析する技術とは異なり、商品そのものが持つ色や形状を自動認識しデータ化、ぴったり合致しなくても、類似の商品を検出・表示するエンジンを開発した。今後はこの新しい検索エンジンの収益モデル化を進める。

「これまで、インターネットのサービスの多くはアメリカに先行された。今後は、日本発の検索エンジンを開発し世界に向けて展開したい」と山川は夢を語る。日本のケータイをはじめとするモバイルコンテンツの技術は世界をリードしているといわれる。日本独自の推薦エンジンと感性エンジンの技術で世界を牽引する可能性は高い。山川の挑戦から目が離せない。

【会社概要】
社 名 ● 株式会社アルベルト
本 社 ● 〒151ー0053 東京都渋谷区代々木2ー22ー17
設 立 ● 2005年7月1日
資本金 ● 3億1400万円
電 話 ● 03 5333 3703
従業員数 ●12名



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top