トピックス -企業家倶楽部

2015年10月15日

今だからこそ社会に役立つ企業家を目指そう!/ジェイアイエヌ社長 田中 仁

企業家倶楽部2015年10月号 言いたい放題


肩書き、プロフィール、会社概要等は掲載当時のものです。

 




 日本の企業家はもっと地域社会に関わり、地域貢献、社会貢献に積極的になっていいと思います。

 世界一、日本一を目指し頑張るのも、間接的には雇用を拡大、税金も払いますので国益に適います。しかし、最近の日本では企業家を目指す人が少ないと感じます。ハングリー精神の減退など理由はいろいろあるかと思いますが、企業家が社会から賞賛されるような行動をとっていないと思われているのも一つの要因ではないでしょうか。

 地方では、まだ昔の士農工商の一番下にいると感じることがあります。県庁とか市役所に勤めている人の子どもが企業家になることは、ほぼ皆無。怪しい仕事には就かせられないというのです。

 従って、社会の役に立つのだということを、企業家一人一人が意識して行動すれば、企業家はカッコいいと少しはイメージが変わってくると思います。

 そしてそれは、成功して余裕が出た時に始めるのではなく、本業でチャレンジをしている時にこそ両輪で取り組むことに大きな意義があると思います。

 日本人は安定を求めますが、安定に成長はありません。波乱万丈すぎるのも考えものですが、振り子は振れ幅が大きいほど、返りも大きいのです。

 そういう考えもあり、今は故郷である群馬県に対して様々な活動をしています。昔の企業家、商人は村に橋をかけるなど、いろいろな社会活動をしてきました。今の企業家は成功しても、社会貢献で還元している人が意外と少ないような気がします。




 私は3年前に群馬県で「群馬イノベーションアワード」という起業家支援活動を立ち上げました。アワードはイノベーション部門、スタートアップ部門、ビジネスプラン部門の3部門ありますが、表彰するだけでなく、群馬イノベーションスクールも開設。大学の先生や経営者を招聘し、定員30名ながら、若者が無料で講義を受けられるようにしています。この活動を始めてから地域の経済界の重鎮に「田中さんの行動を見て自分も考えさせられた」と言っていただけた。そういう人が地域から出てくると変わります。

 この活動は週末の趣味と思って続けています。今の自分があるのは、地域社会のお陰ですから。もし、東京に出てきた人たちが少しでも地域貢献活動に関われば、日本は復活するのではないでしょうか。

 私は、クロスカンパニーの石川康晴社長が岡山県で実施している岡山アワードに触発されて自分なりの形で始めました。誰かが何かを実現すれば、それに呼応する人が少なからずいるはずです。この活動にはお金も精神も使いますが、私にはゴルフよりこっちの方が面白い。難しく考えず、それぞれ自分ができることをやればいいと思います。

 今、地方創生が叫ばれていますが、ただ税金を投入するだけでは創生にならない。やはり人なのです。商人の利点は、税金に頼らず自分のお金を使って活動できることです。みんなが自立して盛り上がっていけば、広がっていくものです。

 もちろん、本業の方も力を入れています。JINSの店舗は、日本は289店、海外は中国に55店(いずれも7月末)展開しています。サンフランシスコは4月にソフトオープンしましたが、評判も上々で、8月8日にグランドオープンしました。かの地でアイウエア文化を広めたい。アメリカは難しいからこそ、チャレンジしたいのです。この秋には台湾進出を予定しています。わが社のビジョン「Magnify  Life」に則って拡大を続け、将来はメガネの歴史を変えた会社と言われたいですね。



コメントをシェア

骨太対談
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top