• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -企業家倶楽部

2017年09月13日

第19回企業家賞 大切なのは今を生きること/企業家賞審査委員長 ジャパネットたかた創業者 髙田明氏

企業家倶楽部2017年10月号 第19回企業家賞 審査委員長講評





 前審査委員長の澤田さんからバトンタッチし、私が審査委員長の大役を務めています。今回も、素晴らしい企業家の方々を選ぶことができました。

 大賞を受賞したのはGMOインターネットの熊谷正寿さんです。そもそもインターネットはアメリカ発であり、日本は追いかけることなどできないと思われていました。しかし、インフラサービスの発想によって、この会社の活躍があります。これこそ成功要因です。今後、売上げ何十兆円への成長も夢ではないでしょう。

 企業家賞を受賞した、まずクリーク・アンド・リバー社の井川幸広さん。テレビ業界をはじめプロフェッショナルの派遣を行なっている会社です。ジャパネットも派遣なしにはあり得ませんでした。だから井川さんは私の弟みたいな存在です。私は今、「おさんぽジャパット」というテレビ番組で地方を回っていますが、全国には匠の技術が沢山あります。そんな隠れた人材発掘をやってみたら面白いのではないでしょうか。

 メディアドゥの藤田恭嗣さん。電子書籍事業です。「アマゾンがあるし……」と思われるかもしれませんが、このようにしっかり向き合えば、まだチャンスはあるということ。この素晴らしい発想と、市場を見る力が成功要因と言えるでしょう。

 ベンチャー賞のリネットジャパングループの黒田武志さんとも、ぜひコラボしたい。小型家電をリサイクルして貴重な鉱物資源を回収する会社です。ジャパネットたかたもリサイクルで回収をしているので、譲りますから売ってほしい。さらに本格的なリサイクルができれば、3年後には1000億円へ伸びるでしょう。

 農業総合研究所の及川智正さんの受賞も、涙が出るほど嬉しいです。以前、青森のりんご畑を訪れた時、驚きました。その畑には500本のりんごの木があり、1本の木には500~600個の実がなります。その1個1個に日が当たるように家族で葉を取り、「玉回し」といって実を回転させるのです。気が遠くなる作業です。農業も漁業も、一番苦労している人たちであり、一番利益が出ていない人。そういう方々のために、益々頑張っていただきたいと思います。

 そしてチャレンジャー賞を受賞した、MUJINの滝野一征さん。人口が減る今、人手が足りない部分のためにロボットを進化させています。私はAIで将棋や囲碁はしなくていい、人間と人間がやればいい、と考えているのですが(笑)、世界の物流におけるロボット自動化の夢はぜひ実現してほしいと思います。

 今日、6名のお話を聞いていて感じたのは、「理念とミッションなくして企業の継続、成長なし」「パッションなくして夢は語れない」ということです。売上げを上げる先には人の幸せが無くてはなりません。それこそが企業のミッションであり、不可能を可能にする力なのです。あと20年もせずに、ここから世界を席捲、牽引する企業が出てくるでしょう。皆さん、ますます精進して企業家倶楽部の名を世界へ発信してください。そこまでの道のりにおいては、うまくいかないこともあるでしょう。1000億円企業はすぐにはできません。でも落胆する必要はないのです。一番大切なのは、そこへ向かう自分がいるかどうか、情熱を持って今という瞬間を一生懸命に生きているかどうかです。それを考えると、今日受賞された方々は偶然でなく必然の6人、今を生きている人です。

 私も審査委員長の大役を終えた今、皆さんの情熱とエネルギーをいただいて、持ち帰ろうと思います。



  • DEGITAL DATA SOLUTION
コメントをシェア

骨太対談
DEGITAL DATA SOLUTION
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top