• トピックス
  • 企業家倶楽部
  • バックナンバー
  • 企業家チャンネル
  • 私の注目ニュース
  • 新商品コーナー

トピックス -企業家倶楽部

2018年07月03日

「東京ミッドタウン日比谷」で日比谷が変わる

企業家倶楽部2018年8月号 BUSINESS TREND


 今、日比谷が盛り上がっている。3月29日に「東京ミッドタウン日比谷」がオープン以来、連日賑わいをみせている。三井不動産が10年越しで企画したというのだから魅力満載だ。「未来志向の新たな価値と体験」をモットーに、隣接する日比谷公園、宝塚や映画館などのエンターテインメント、そして大人が集う街を融合、新しいランドマークとして賑わっている。




 2017年に銀座松坂屋跡に「GINZASIX」が完成以来、銀座の人の流れは変わった。「GINZASIX」が世界の一流ブランドを結集、ラグジュアリーな店舗を提案、「見るけど買う人はあまりいない」と言われるのに対し、この日比谷ミッドタウンは、超高級ブランドは入れず、上質な日常を提案しているので、気軽に楽しめるのも賑わいの理由といえよう。




「劇場空間都市」というコンセプトを象徴する吹き抜けのアトリウム、都内最大級の映画館や美しい屋上庭園、日本初、東京初のさまざまな個性溢れるショップ、レストラン、フード類が集結、訪れた人を魅了する。




 特に訪れた人を感動させているのは6階の屋上庭園である。日比谷公園や皇居、大手町を望むテラスからは、緑溢れる東京の魅力が実感できる。3階は有隣堂を中心に、フロア丸ごと一つの街として提案、1階ではトヨタのレクサスがカフェを併設した新しいショールームを提案している。




 多くのレストラン、カフェが並ぶ中でも、手軽に楽しめるのが、地下1階の「日比谷フードホール」である。8つの個性溢れる店が集合、大人のフードコートとして人気を集めている。ミートボールの「Susan’s MEAT BALL」や肉の「BROOKLYN CITYGRILL」などが人気だが、一番人気はベーカリーカフェ「ジャン・フランソワ」である。フランス仕様のパンやクロワッサンは、見た目もオシャレで連日大賑わい。夕方17時には完売状態が続いている。




 そして、このミッドタウン日比谷で一番長い行列ができているのが、地下2階の「RINGO」である。サクサクのパイ生地にたっぷりのカスタードクリームが入ったアップルパイ専門店だが、1品だけでここまで行列ができるとは驚く。ここは「BAKE」が手掛けているが、「焼きたてチーズタルト」や「クロッカンシューザクザク」など、いずれも大ヒットさせるヒットメーカーとして知られる。







  そして5月15日からは6 階のビジネス創造拠点「BASE Q」がオープン。ホールやスタジオなど、さまざまな設備を備えサービスを開始した。またイントレプレナーを育成、日本の大手企業の新規事業創造の支援事業もスタートさせている。 

上層階のビジネスフロアは、契約は完了しているものの、入居率はまだ半分程度という。これが満杯になったらビジネスパーソンが溢れ、新たな街として魅力が増すことであろう。



  • DEGITAL DATA SOLUTION
コメントをシェア

骨太対談
DEGITAL DATA SOLUTION
 
コンテンツメニュー
企業家賞
企業家倶楽部企業家大学
Page Top